これからの土地活用ガイダンス ~探そう!あなたの土地の活かし方~ » ホテル投資のメリット&用途 » 東横インホテル

東横インホテル

東横インホテルのホテル投資を調査

国内に280以上のビジネスホテルを展開している東横インホテルは、今後もホテル運営を手広く展開する予定で土地の有効活用を考えている人を探しています。建物を建てればあとは一切の管理を任せることができ、安定した賃貸料を得ることができます。

東横インホテルHP
引用元HP:東横インホテルHP
https://www.toyoko-inn.com/

東横インホテルの特徴・強み

こちらのホテルでは、「日常型の宿泊に特化したホテル」「鉄筋版の駅前旅館」「全国で同品質のサービスを行いながら店舗ごとにオリジナルの家庭的なサービスの提供」「女性の感性を重視したホテル運営」の4つの基本コンセプトを守りながら、ホテル運営を行っています。これが東横インホテルの揺るがない強いブランド力を支えているのです。

この4つの基本コンセプトを守るため、東横インホテルをはじめとする「東横インホテル企画開発」「東横イン電建」「東横インアーキテクト」「東横インIT集客ソリューション」と5つのグループ会社が協力して、立地、建設設備などのハード、運営ノウハウなどのソフトの3つにこだわって日々、革新を続けています。

建てるホテルについて

東横インホテルは、豪華な施設やゆったりとしたスペース、至れり尽くせりといったスタッフからのサービスが受けることができる五つ星のような高級ホテルではありません。

良心的な価格で宿泊することができる、安全で便利なホテルを探しているビジネスマンや観光客のための三つ星の宿泊に特化したエコノミーホテルです。

このようなホテルを実現するため、まるで車の規格のように客室をパターン化しているのが特徴。

水やお湯、電気、空調、電話、インターネットなど必要最小限の設計で費用を抑えることにより、利用者に喜ばれています。

つまり、必要にして充分な設備とサービス、安全で快適、清潔便利な部屋を実現しているのです。また、朝食やインターネットを無料で提供するというピンポイントなサービスの充実を行っているのも魅力です。

東横インホテルは現在、国内に282ホテルを運営しているほか、韓国に11ホテル、またカンボジアのプノンペン、ドイツのフランクフルト、フランスのマルセイユにホテルをオープン。総客室数は63639室にも上ります。今後も世界各国へと進出する予定で、アメリカのニューヨークやシカゴ、ヨーロッパでは、ミラノやベルリンへの進出を目でしています。

経営サポートサービスについて

契約期間は、25~50年という長期契約。建物を丸ごと借りてもらうことができるため、通常のアパートやマンションのように利用者が出ていったりして賃料が不安定になってしまうといった心配がありません。

また天災や戦争、テロ以外での維持管理と修理と交換は全て東横インが自費で行う「フルメンテナンス方式」を採用しているのも魅力の1つ。

通常30年間で建築時にかかった費用の80%ほど必要とされる修繕費や保守費用を全て負担してもらうことができます。また、保証金として投資総額の20%を預かることも可能です。

つまり東横インホテルが希望するような建物を建ててしまえば、後は全て運営管理を行い、固定家賃を受け取ることができるので、賃貸料で安定的な収入を得ることができます。

契約までの流れ

公式サイトに記載なし

活用事例

公式サイトに記載なし

東横インホテルの会社概要

会社名 株式会社東横インホテル企画開発
所在地 東京都渋谷区恵比寿4-5-21
設立年 2013年
所有免許 公式サイトに記載なし
対応地域 公式サイトに記載なし
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ