これからの土地活用ガイダンス ~探そう!あなたの土地の活かし方~ » 駐車場投資のメリット&用途 » 駐車場投資は土地なしでもできる?

駐車場投資は土地なしでもできる?

駐車場投資、土地なしで行う方法とは?

土地活用の主流な方法として挙げられる駐車場投資。基本的にはすでに土地を持っている人が考える投資方法として考えられていますが、土地を借りれば土地なしの状態からでもコインパーキングを経営できます

土地なしでの駐車場投資に必要なコスト

土地なしからだと、地主から土地を借りてコインパーキングを経営することになります。定期的に発生する費用としては、毎月の土地借賃、機械のリースやメンテナンス代、電気代や警備費用など。うまく経営するには土地借賃の2倍ほどの売り上げを目標にすると良いと言われています。仮に借賃が15万円だった場合、30万円の売り上げを目安にしてみましょう。

また、初期費用としてアスファルト舗装費(1台分で8~10万円)や機器購入費、料金案内板、電源引き込み工事などの費用がかかります。アスファルト舗装費は地主負担のケースが多いので確認しておいてください。10台分のコインパーキングをつくるのに、だいたい250万円ほど初期費用がかかると考えておくと良いでしょう。

土地の選びのポイント

「駐車場投資は立地で決まる」と言われているほど、土地選びは重要なカギになります。ポイントとして以下の3点を覚えておきましょう。

土地勘のある所をチェックする

まずは自宅や仕事場の付近など、土地勘のある場所から土地を探してみてください。周辺の環境や道路事情を知っているので利用者の数を想定しやすく、利用者のニーズがわかるので付加価値のあるコインパーキングをつくれます

郊外の中心市街地を狙う

中央区や港区のような都心部は土地の固定資産税が高額なので、高確率で赤字になります。千葉市やさいたま市、横浜など、都心部から少し離れていて、大きな都市で探すのがおすすめ。固定資産税は都心ほど高くないですし、駐車場の賃料は地方と比較すると高めに設定できるため収入がプラスになります。

また、駅まで車で通っている方の需要が見込める駅前、大きい公園やスポーツ施設がある商業地域、路上駐車の取り締まりが厳しいエリアなどもチェックしてみましょう。

更地として貸し出されている土地を探す

すでに「駐車場」として貸しに出されている土地は、利益を生む土地として付加価値がつけられているためやや土地代が高め。更地を探して整備するほうが安く利用できるケースがほとんどです。探す際は「更地」と検索してみてください。

駐車場の経営方法

土地を借りてからの駐車場の経営方法としては、以下の3パターンがあります。

企業へ全面的に委託すると、駐車場の設置から面倒なメンテナンスまですべてお任せできますが他の方法と比べて利益が少ないのがデメリット。逆に個人運営だと利益は大きいですが、メンテナンスや集金に手間がかかるという懸念点があります。

企業と共同運営契約を結ぶ方法は、駐車場の完成までは自分で手配し管理だけ企業に委託する方法です。売り上げは自分に入り、その中から少額の管理費を企業に払う形になります。面倒なメンテナンスはまかせつつ、できるだけ多くの利益を得られるのが利点です。

借りる土地が決まったらどこまでサポートしてもらうのが良いのかどうか、いくつか駐車場経営会社を確認して相談してみましょう。

また、駐車場投資と似た土地活用方法で近年注目を集めているものに、トランクルーム投資があります。比較的初期費用が抑えられ、3次元的に効率的な土地活用ができるのが魅力。土地探しからバックアップしてくれる業者がいるので、土地未所有の状態からもはじめられます。投資方法を探している方は、こちらもチェックしてみると良いかもしれません。

成長市場『トランクルーム投資』のメリット&業者比較

今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ