これからの土地活用ガイダンス ~探そう!あなたの土地の活かし方~ » ホテル投資のメリット&用途 » ワシントンホテル

ワシントンホテル

ワシントンホテルのホテル投資を調査

数多くのホテルブランドを抱えるワシントンホテルでは、3つの契約形態から自分にあったものを選ぶことができるなど自分が所有している土地や建物の形態に合わせてプランを選ぶことができます。

ワシントンホテルのブランドを基に自分でホテル経営を行うMC(マネジメントコントラクト)方式は、ノウハウを提供してもらったり優秀なスタッフを派遣してもらうことができるので便利です。

ワシントンホテルHP
引用元HP:ワシントンホテルHP
https://www.washingtonhotel.co.jp

ワシントンホテルの特徴・強み

ワシントンホテルが取り扱っているホテルブランドは、「ワシントンホテルプラザ」と「R&Bホテル」の2つ。

ワシントンホテルプラザは、ビジネスマンが安心して快適に出張旅費として規定されている支給範囲内で宿泊できるホテルとして1969年、名古屋市に「国際ホテル別館ワシントンホテル」の名前で1号店を開業しました。

「適正な価格でプライバシーが確保された清潔で安全、そして快適な空間を提供する」というコンセプトを基に営業を行っています。1997年に現在のワシントンホテルプラザへと変更。西日本を中心に約20のホテルを営業しています。

建てるホテルについて

出店条件として理想なのは、敷地面積150坪以上、建物延床面積は1,000坪以上の規模。

立地条件は、最寄りの駅から徒歩圏内が最適です。山手線内であれば、地下鉄網が充実しているので、ほとんどのエリアで出店することができます。

エリア別で見ると、北海道は札幌市内中心部、宮城県は仙台市内中心部がメイン。関東エリアは、東京メトロや都営地下鉄、JR、私鉄各線など様々な路線が対象となっています。

名古屋市は、JR名古屋駅もしくは金山駅徒歩圏内、近畿エリアは、大阪、京都、神戸と幅広い場所が出店可能エリアで、岡山・広島・博多はそれぞれのJRの駅から徒歩圏内であれば出店を検討してもらうことができます。

経営サポートサービスについて

ワシントンホテルとの契約は、大きく分けて3つの契約形態から選ぶことができます。

1つ目は、建物の賃貸借方式です。この方法は、自分自身が建物を建築し、そのうちホテル部分をワシントンホテルに貸与します。

自分自身でホテルに見合う建物を建設しなければなりませんが、ワシントンホテルがこれまでに培った運営ノウハウなどを基にホテルの経営を行ってくれるので、安定的な不動産収入を確保することが可能。

また、契約期間は基本的に20年契約となるので、長期間に渡り収入を得続けることができます。

2つ目は、土地の賃貸借方式。自分は土地を貸すだけでホテルに相当する建物を建てる必要はありません。

ワシントンホテルが、自分の持っている土地の上にホテルを建築し、運営・管理・経営してもらう方法です。大きなメリットは、初期投資が少なくて済むこと。

しかも契約期間は30~50年ほどのかなり長期間の契約となり、安定した地代収入を得ることができます。

3つ目は、MC(マネジメントコントラクト)方式。

自分で建物を建築するところまでは、建物の賃貸借方式と同様ですが、運営をワシントンホテルに任せるのではなく、自分自身でホテル運営を行います。

ワシントンホテルへ運営受託料を支払うことになりますが、経営はオーナーに帰属することになるので、ホテル営業収入は自分に入ります。

ホテルの運営経験がなくても、ノウハウを教えてもらうことができるほか、ホテル運営で重要となるキースタッフはワシントンホテルから派遣してもらうことができるので安心です。

契約までの流れ

公式サイトに記載がありません。

活用事例

公式サイトに記載がありません。

ワシントンホテルの会社概要

会社名 ワシントンホテル株式会社
所在地 愛知県名古屋市千種区内山三丁目23番5号
設立年 1961年
所有免許 公式サイトに記載なし
対応地域 日本全国
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ