これからの土地活用ガイダンス ~探そう!あなたの土地の活かし方~ » こんな土地はどう活かす?条件別土地活用までの流れ » 農地

農地

農地を土地活用したい…注意すべき点とは?

本ページでは、農地を土地活用したいという場合に踏まえておくべき基礎知識や注意すべき点などを取りまとめてご紹介していきます。

そもそも、農地とは?

農業に従事されている方や、ご親族あるいはご自身が農地を所有している方であれば先刻ご承知の事と思いますが、農地とは単に田んぼや畑として利用されている土地を指すというだけではありません。

農地は農地法という法律によって規定されており、耕作以外の自由な使用を禁止されています。また基本的に農家でなければ取得できず、第三者同士の取引は勝手に行うことができません。その一方で、相続の場合であれば、農業に従事していない方でも、農地を取得することができます。

土地活用する際の注意点

以上の通り、農地というものは、農業以外の目的で利用することが厳しく制限されていますが、例えば非農業従事者が農地を相続したという場合には、後述する条件を満たしていれば「転用」の申請を行うことができます。

ただし、転用が認められるのは、駅から近い、市街地化が進んでいる、生産性の低い農地であるなどの条件に当てはまる、判定されている第2種農地、第3種農地の場合です。すべての農地で転用が許可される訳ではありませんので、注意が必要です。

逆に言えば、第2種農地・第3種農地以外の転用が不可な農地の場合、事実上、農業以外に用いることができませんので、非農業従事者が相続する場合は、するかしないかを慎重に判断する必要があります。

活用方法とポイント

所轄の農業委員会に転用が許可されれば、その土地は農地ではなくなり、所有者が自由に活用することが可能になり、売却することもできます。長い目で見れば売却するよりも、その土地の立地に適した活用をするのが望ましいと言えます。

例えば市街地が進んでいるといったエリアであれば、賃貸住宅や駐車場、トランクルーム。周囲が開けていて日当たりがよければ、太陽光発電用地。その他にも、資材置き場や高齢者向け住宅、事業用地なども考えられます。

ポイントとなるのは、その土地の立地と周辺環境、さらには面積や形状、地盤の状態などを総合的に判断し、一番適した土地活用方法を選択することになります。

今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ