これからの土地活用ガイダンス ~探そう!あなたの土地の活かし方~ » 知っておくべき土地活用の基礎知識

知っておくべき土地活用の基礎知識

いま一度確認、土地活用にはどんなメリットが?

所有する土地をどうにか活用したいと考えていても、なかなかその一歩が踏み出せないという方は多いことでしょう。まとまった金額の初期費用が必要になる場合も多く、他の投資ほどではないにせよ、失敗するリスクもあるからです。
しかし、土地をただ所有しているだけでは意味がないばかりか、確実に損をしてしまうのが現実。ぜひ土地活用のメリットをいま一度チェックして、所有する土地に適した活用方法を見つけ出すことをお勧めします。

Q.遊休地はもったいない?

A.更地のままだと、固定資産税や相続税で損をします

土地に建物が建っている状態であればさまざまな特例が適用され、税負担を軽くすることができます。一方、更地のままではそうした減額措置は適用されることはなく、満額で課税されてしまいます。固定資産税はもとより、相続税ではより大幅な減税が望めます。

Q.費用の相場は?

A.投資する内容によって、大きく異なります

例えば賃貸住宅の建設では、木造アパートだと坪単価40万円~60万円なのに対し、鉄筋コンクリート造では坪単価70万円~110万円になります。駐車場投資の場合は、未舗装に砂利敷き詰めの場合で1㎡あたり1,160円程度。アスファルト舗装の場合だと1㎡あたり3,000円といった感じです。

Q.収益計算の方法は?

A.土地の収益である「地代」をベースに計算します

土地活用においては、賃料などの地代が収益となり、各種税金などが支出となります。地代を求める計算式には「積算法」や「賃貸事例比較法」、「収益分析法」や「公租公課倍率法」などがあり、土地活用の事例ごとに適した方法を選ぶことが大切です。

Q.減税の条件は?

A.所定の条件を満たせば、固定資産税が1/6、都市計画税も1/3に

ただし、固定資産税の場合、建築する建物などの戸数に200㎡を乗じた面積までが上限となっており、それを超過した場合は1/3となります。また市計画税では、1戸あたり200㎡までが1/3となる条件。超過した場合は2/3となります。

不動産投資の節税法とは?

固定資産税や不動産取得税の他、所得税や住民税、法人税、相続税など、さまざまな税金がかかる不動産投資。そのため、不動産投資では節税にしっかり取り組むかどうか不動産投資全体のパフォーマンスが大きく変わります。

中には節税目的の不動産投資に取り組む方もいるかと思いますが、これには注意するべきポイントもあります。

以下記事では、不動産投資における節税について、どんな方法があるか等お伝えすると共に、節税に取り組む際の注意点をまとめました。

不動産投資の節税法とは?

土地の有効活用に必要な基礎知識と具体的なステップ

土地の活用法はさまざまなですが、有効的に運用するには知識が必要です。

例えば、土地の上に建てる建物は自分の好きにしていいわけではなく、エリアごとに定められた決まりを守らなければなりません。こうした法規制など理解したうえで、土地ごとに適した活用法を選ぶことが大切なのです。

以下記事では、土地の有効活用法について、基本的な知識をお伝えすると共に、具体的なステップをご紹介しています。

土地の有効活用に必要な基礎知識とステップを詳しく見る

アパート経営とマンション経営の違いとは?

土地活用の王道として人気のアパート・マンション経営は、ひとくくりにされることが多く、どのような違いがあるのか分かりづらいのではないでしょうか。

アパート経営とマンション経営には、投資額や収益、維持管理費の違いなどさまざまな違いがあります。

以下記事では、アパート経営とマンション経営どちらを選べばよいか迷っている方に向けて、それぞれの違いを解説しています。

アパート経営とマンション経営の違いを詳しく見る

自分で管理しなくても土地活用ができる?

土地活用というと、「管理などの手間が大変」「事業計画が難しそう」というイメージがあるかもしれません。でも実は、自分が管理したり運用したりせずに土地活用をする方法が、いくつかあります。主な3つの方法を紹介しましょう。

「等価交換事業」を利用する

等価交換事業とは、自分の土地をディベロッパーに提供してマンションなどを建設してもらい、完成した建物と土地を「交換」する形で共有するという方法です。

建設計画や資金調達は、全てディベロッパーが対応してくれるので、自分が計画を作る手間が省けます。ローンを組む必要がないので、リスクも低く抑えられる活用方法です。

最終的に完成した建物を管理する必要はありますが、建物の全部ではなく一部を所有するだけなので、一棟全部を管理する必要はありません。

等価交換事業について詳しく見る

「土地信託」を利用する

土地信託は、投資信託のような仕組みで、土地の運用を信託銀行などに任せる(信託する)という活用方法です。

この方法なら、自分で土地を運用・管理する手間が一切かかりません。その代わり、手数料として信託報酬を信託銀行などに支払う必要がありますが、自分の手間を省くという点でのメリットがあります。

土地信託について詳しく見る

「家族信託」をする

「家族信託」の場合、信託銀行などの会社ではなく、家族という個人に信託します。

仕組みとしては、土地信託の場合での信託銀行を家族に入れ替えただけで、自分が管理せずに済むという点では共通ですが、活用目的は異なります。多くの場合、相続に備える準備として活用されることが多い仕組みです。

家族信託について詳しく見る

資金なしでもできる土地活用方法はあるの?

良い土地を持っているけど資金がないから土地活用ができないと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。一般的には資金が必要な土地活用でも、ある方法を利用すれば資金を用意する必要なく簡単に土地活用ができてしまうのです。この記事では、代表的な5つの土地活用方法を紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

資金なしでもできる土地活用方法を詳しく見る

短期間の土地活用におすすめの方法はある?

土地活用を考えている方の中には短期間での取り組みを検討している方も多いのではないでしょうか。短期間での土地利用は「本当に儲かるのか」「需要はあるのか」といった不安もありますよね。この記事では、短期間でのおすすめの土地活用10種類に加え、短期での土地活用のメリットデメリット、注意点なども合わせて解説していきます。

短期間の土地活用におすすめの方法を詳しく見る

土地活用は儲かる?

土地活用に興味があるけれど本当に儲かるのか不安だという方も多いのではないでしょうか。土地活用には多くの種類があり、その種類によって得られる収益も大きく異なってきます。そして、儲かるために抑えるポイントも異なるのです。この記事では、土地活用のメリットデメリットから利益を上げるためのポイントまで解説していきます。

土地活用で儲けられるのかを詳しく見る

土地活用の相談先について

一口に土地活用と言っても様々な選択肢があり、すべてを自分で決めるには不安が大きいものです。しかし、土地活用を誰に相談すべきなのかわからないという方も多いのではないでしょうか。どのような活用方法があるのか、誰に相談するべきなのかを解説しています。土地活用を考えている方はぜひ一読してみてください。

土地活用で儲けられるのかを詳しく見る

土地を処分する方法にはどんなものがある?

使っていない土地を持ち続けていると、どうしもて管理費用が発生してしまうもの。そのため、「負の財産」になることもあるのです。しかし、使っていない土地を手放したいけれど、処分する場合にどのような方法があるのかわからない方も多いのではないでしょうか。土地はただ売って処分するだけでなく、実ははほかにもいくつかの処分方法が存在します。ここでは土地の処分方法についてわかりやすく解説していきます。

土地を処分する方法にはどんなものがあるかを詳しく見る

実家を処分する方法にはどんなものがある?

親が亡くなり実家に住む人がいなくなった、親が高齢者施設に入るため資金を集めたいなどの理由から、実家の処分を考えている方は少なくありません。子供が親の代わりに実家を処分するケースも増えてきています。では、具体的に実家を処分するにはどのような方法があるのでしょうか。ここでは、実家を処分する方法についてわかりやすく解説していきます。

実家を処分する方法にはどんなものがあるかを詳しく見る

そもそも土地活用とは何?どんな方法があるの?

使っていない土地をそのまま放置している方におすすめなのが土地活用。使っていない土地は放置していると何も利益を生まないだけでなく、ただ管理費用だけが掛かり生活の負担になってしまいます。しかし、そんな土地でも土地活用をすることで収入を得ることが出来るのです。ここでは土地活用とはいったい何なのか?具体的な活用方法などについても紹介していきます。

土地活用について詳しく見る

土地活用の失敗例とはどのような内容?

土地活用に関して調べると、多くの成功例を拝見しているのではないでしょうか。しかし、土地活用は、事前準備なしに成功できるものではありません。たとえばサブリースの意味を知らず、担当者の話を鵜呑みにした状態で土地活用をはじめ、賃料収入の低下と返済負担で失敗することもあります。他には、建築費用を抑えすぎて、無柱空間を作らず、テナント誘致に失敗してしまうこともあるでしょう。

この記事では土地活用の失敗例を紹介しながらどのような注意点や対策方法があるのか解説していきます。

土地活用の失敗例を詳しく見る

土地の維持費には何がかかる?

更地を相続した方の中には、これからどのような維持費を負担するのか把握できていないのではないでしょうか。土地の維持には、所有にかかる固定資産税と都市計画税をはじめ、草刈りや土壌流出防止などの作業を委託していれば委託費用もかかります。こうした土地の維持費を抑えるためには、土地活用がおすすめです。

この記事では、土地の維持費の種類をはじめ、維持費を抑える方法について紹介していきます。

土地の維持費には何がかかるのか詳しく見る

今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ