これからの土地活用ガイダンス ~探そう!あなたの土地の活かし方~ » こんな土地はどう活かす?条件別土地活用までの流れ

こんな土地はどう活かす?条件別土地活用までの流れ

土地活用はどうやるの?田舎、傾斜地、旗竿地etc

土地活用というものは、田舎や悪条件の土地になればなるほど、出来ることが限られていくというのが現実です。
しかしながらその一方で、田舎であればより広大な面積の土地を利用しやすくなり、また都市部では難しい土地活用でも、田舎なら却ってやりやすいということもありえます。
田舎での土地活用は(都市部でもその点は同じですが)、その土地の立地や周辺環境に適した方法かどうかを、しっかりと見極めることがより重要になってきます。

田舎での土地活用方法|太陽光発電

例えば、広大な面積の土地を利用しやすい田舎であれば、規模の大きな産業用の太陽光発電投資にはうってつけと言えます。都市部で行うには、土地面積やその他の問題により、なかなか難しいのが実情です。

しかし、広い田舎の土地であれば、どこでも太陽光発電投資に適しているという訳ではありません。水田などに使用されていた土地だと、地面がやわらかすぎて発電装置の設置が困難という場合もありえます。また土地の南側に山林があるという場合も、影ができてしまうので太陽光が十分に集められないことが考えられます。そうした事柄を細かく検証した上で、太陽光発電投資に適しているかどうかを、慎重に判断しなければなりません。

田舎での土地活用方法|空き家リフォーム

別の例として、空き家となっている建物付きの土地の場合はどうでしょうか?例えば近隣に温泉地やリゾート地などかあれば、ペンションや貸別荘などにリフォームするといったことが考えられます。また近年人気となっている古民家カフェやレストランなどにするといったことも然りです。ただし、それらの場合、利用者が集まるかどうかを、慎重に判断することが不可欠です。

賃貸経営は厳しい?

以上の通り、田舎での土地活用は、都市部のようには幅広い選択肢がありません。極端な話、山奥に若者向けの小洒落たワンルームマンションを建て、家賃を安くしたとしても、賃貸経営は成り立たない可能性が99.9%です。

その一方で、田舎には田舎ならではの土地活用方法があることも事実です。所有している土地の立地や周辺環境、面積、地形などを徹底的に分析し、最適な活用方法は何かを、正しく判断してください。

今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ