これからの土地活用ガイダンス ~探そう!あなたの土地の活かし方~ » 「投資はちょっと…」という方へ、その他の土地運用方法 » 売却

売却

土地活用と売却、どちらがよいのかについて、売却した場合のメリットとデメリットを検証していきたいと思います。

土地活用か?売却か?

土地オーナーの方の中には、これ以上所有しているよりも、売却してしまいたいとお考えの方も少なくないことでしょう。そこで、土地活用よりも売却を選んだ場合、どのようなメリット・デメリットがあるのかを確認してみましょう。

土地売却のメリット

  • 現金化+出費の抑制
    メリットは至ってシンプルですが、現金を入手できる点。実物資産の不動産とはいえ、更地なら収益にはなりませんし、反対に持っているだけで、固定資産税や都市計画税といった税負担の出費がかかります。
  • 管理の手間をカット
    土地は持っているだけなら様々な手間がかかります。固定資産税の発生だけでなく、所有土地でトラブルがあったら管理責任を取らされる可能性もあります。(例えば荒廃し、害虫が発生するなど)
    売却することで、そうした手間をカットできるという考え方もあります。

土地売却のデメリット

以上の通り、土地売却は早急に現金が必要になったなどの切羽詰った理由がある場合はさておき、長期的な視点で見れば、所有しておくほうが、様々な活用の可能性を残しておくほうが望ましいといえるのではないでしょうか。

売却をするのであれば、その前にちょっとだけ立ち止まり、所有する土地に見合った活用方法がないかどうかを確かめてみてください。売却するのは、それからでも遅くはないはずです。

今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ