これからの土地活用ガイダンス ~探そう!あなたの土地の活かし方~ » コインランドリー投資のメリット&用途 » 成功or失敗の分かれ道

成功or失敗の分かれ道

コインランドリー投資、失敗例から見るその原因

コインランドリーは今や、右肩上がりの成長産業で、新規参入するには絶好のタイミングです。また、一度軌道に乗せてしまえば、利益率や安定性も高いというのも大きな魅力。しかしながら、決して少なくない初期費用が必要となるので、失敗してしまうと大きなダメージを被ることになります。そうならないためにも、予め失敗事例を学んでおき、正しい判断・対処ができるように準備をしておいてください。

資金繰りで失敗

まず、よく見られる失敗の典型的なパターンが、初期から大きな利益を期待してしまった結果、資金繰りが悪化するというもの。前述の通り、コインランドリー経営は波に乗ってしまえば高い利益率が期待できますが、開店してからしばらくは、儲けの少ない期間が続きます。

周囲の住人の方に存在を認知され、リピーターが増えるまでは、耐えなければなりません。その点を考慮せず、初めから高い利益率を期待してしまい、費用の返済がきつくなってしまい…というケースは決して少なくありません。

ライバル店に負けて失敗

もうひとつは、近隣にライバル店が出現してしまうこと。コインランドリーに限らずすべての商売で言えることですが、他店との競争に勝つには、何らかの独自性や差別化が重要になってきます。しかし、コインランドリーというのは、洗濯・乾燥という本来のサービスでは、なかなか差別化はできません。

例えば、店の雰囲気を独自のものにする、値下げやクーポン、ポイントシステムを導入するといった工夫はできますが、それによってもたらされる利益と、かかるコストを慎重に判断するといったことも必要になってきます。

ユーザー目線のサービスで成功

土地活用としてコインランドリーをオープンした方の声で印象的だったのは、「コインランドリー投資は投資ではなく、経営だ」との言葉。「機器を設置すればあとは何もせずに儲かるというのは大間違いで、常に利益を上げるためにはどうしたらいいかを考えなければならない」とのこと。

ちなみにこの方は、平日午後に時間限定で料金割引というサービスを打ち出して、ようやく長いトンネルを脱出できたそうです。

今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ