これからの土地活用ガイダンス ~探そう!あなたの土地の活かし方~ » トランクルーム投資のメリット&用途 » トランクルームのセキュリティ対策は?

トランクルームのセキュリティ対策は?

トランクルーム投資において、長期的かつ安全に経営を行なうには、セキュリティ対策は必要不可欠です。本ページでは、屋外型・屋内型それぞれのセキュリティ対策をご紹介します。

タイプ別でみるセキュリティ対策

屋外型トランクルームの場合

屋外型の場合のセキュリティは、基本的にコンテナの施錠だけで問題ありませんが、店舗によっては防犯カメラを設置しているケースもあります

また敷地内に柵や塀を設けていない場合は、犬の散歩や近くで遊ぶ子どもなど、部外者が立ち寄る可能性もあるので、そのような事態を懸念されるのであれば、最低限のセキュリティ対策は施しておくようにしましょう。

屋内型トランクルームの場合

屋内型は屋外型に比べ人目につかず、盗難のリスクが高まる恐れがあるため、セキュリティ対策には十分気を配る必要があります。トランクルーム自体に鍵を設置するのはもちろんのこと、防犯カメラや警備会社のシステムの導入、入り口に常駐スタッフを配置するなどが一般的です。

安全なサービスを提供するにあたり、セキュリティ面の強化は重要ですが、もちろんその分のコストが発生します。セキュリティ対策を行なう場合は、リスクとコストのバランスをしっかりと考慮することが大切です。

トランクルーム投資と土地活用方法については、こちらのページでも詳しく解説しています。

【注目】トランクルーム投資のポイントと業者比較はコチラ

注意しておきたいポイント

トランクルームのセキュリティを考えるにあたり、注意しておきたいポイントをまとめました。

これらの条件にあてはまる場合は、盗難に遭いやすい傾向にあるのでセキュリティ対策は万全に行なう必要があるでしょう。

また屋外型トランクルームの場合は、セキュリティもさることながら、コンテナ設備の管理も重要になります。屋外に設置するため、雨風に打たれてコンテナ自体がサビついたり、通気口から雨が入ったりとトラブルを引き起こす恐れがあるため、業者を選ぶ際はメンテナンスや保証サービスの充実度にも注目しておきましょう。

今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ