これからの土地活用ガイダンス ~探そう!あなたの土地の活かし方~ » 知っておくべき土地活用の基礎知識 » 遊休地はもったいない?

遊休地はもったいない?

遊休地を土地活用、なぜすべきなのか?どうすべきなのか?

本ページでは、遊休地を土地活用するための情報や知識、遊休地にしておくことのデメリットなどを取りまとめてご紹介していきます。

そもそも遊休地とは?

遊んで休んでいる土地と書く通り、住宅や駐車上、農地、商業地などの用途に使用されていない、空き地のまま放置されている土地ということになります。都市部などの場合、そうした土地を持っていると、不動産業界や金融機関などから、営業攻勢にさらされてうんざりということも珍しくありません。逆に、地方になればなるほど、そうしたことは少なくなっていくという感じになります。

こうした遊休地は、なぜ生まれてしまうのでしょうか?多くの場合、親御さんが死去して土地を相続したものの、本業などで忙しく、遊休地の活用まで手がまわらないというケースが多いようです。あるいは、遊休地を活用したいと考えてはいるものの、初期費用が必要なので躊躇っている場合や、どのような方式で土地活用をすればよいか分からず悩んでいるというパターンも少なくありません。

もうひとつ、本当であれば売却してしまいたいが、先祖代々から受け継がれてきた土地を、ご自分の代で手放すのは忍びないと葛藤しているという場合も…。遊休地となっている理由は、それこそ遊休地の数だけあるといった感じでしょうか。

しかし、どんな理由であれ、遊休地を遊休地のままにしておくことはあまり得策ではありません。このことは理由がどうであれ、すべての遊休地に共通して言えることです。その理由はズバリ、税金の面で不利だからです。

遊休地にしておくことのデメリット

筆頭に挙げられるのが固定資産税の面で不利な条件となってしまうという点です。例えば 固定資産税評価額3000万円の土地を更地のままで所有していると、自治体によって差はありますが、おおよそ年間61万円が課せられる計算になります。

一方、その土地に賃貸物件を建設していれば、年間10万5,000円と、おおよそ1/6にまで減額できます。ただしこれは賃貸物件で、なおかつ所定の条件をクリアしている場合です。詳しくは「減税の条件は?」のページでご覧ください。

また相続税に関しても、更地で相続した場合と、賃貸住宅を建てた状態で相続するのでは、有利さが変わってきます。後者であれば、固定資産税評価額から借家権割合が減額され、通常30%の節税になります。

加えて確定申告をすれば、住民税や所得税の節税効果もあり、賃貸住宅経営は税制上の優位性が高い点も見逃せません。この点についても「減税の条件は?」のページを併せてご覧ください。

今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ