これからの土地活用ガイダンス ~探そう!あなたの土地の活かし方~ » トランクルーム投資のメリット&用途 » トランクルーム投資の利回りの目安は?

トランクルーム投資の利回りの目安は?

他の投資と比べたトランクルーム投資の利回りは?

巷には投資商品というものが数多存在しています。例えば株式や先物取引、FX(外国為替取引)、そして近年話題の仮想通貨取引などなど。これらは、経済や市場動向の予測など専門的な知識が必要となり、片手間で簡単に儲けられるほど、甘いものではありません。まさに「生兵法は大怪我の元」の諺通りです。
そうしたハイリスク・ハイリターンな投資とは別に、ローリスク・ミドルリターンで一般の方でも参入しやすいとされているのが不動産投資です。
しかし、所有している休眠地に新築で賃貸物件を建設する場合、まとまった資金が必要となり、その多くは金融機関からの借入金で賄う必要があります。また、賃貸物件の場合、その土地の立地によって入居率が大きく左右され、ひいては賃貸経営の成功・失敗にも大きく関わってきます。参考までに、賃貸経営の場合、利回り10%をクリアしていれば、成功の道が開けるという目安があります。

トランクルーム投資の利回り

一方、ご自身の所有している土地にコンテナタイプのトランクルームを設置する費用は、新築で賃貸物件を建設するよりも格段に安価な費用で済みます。また、トランクルームの場合は、車での利用がメインとなるため、駅から遠い場合でも、さほど不利とはなりません。

設置するコンテナ数(トランクルーム数)と投資額にもよりますが、利回り15~20%と不動産投資よりも大きな回収率が見込めます。もちろん「家賃」と「トランクルーム代」では徴収できる単価が違いますが、初期投資費用も大きく違うので、軌道に乗れば早期に回収することが可能です。

注意点としては、初動入居率の遅さがあります。周辺住民に認知され空室が埋まるまでは、1~2年程度の期間を見る必要があります。ただしトランクルームは長期契約が多いのも特徴で、一旦契約できれば安定した利益が見込めます。

トランクルーム投資がもたらす利回り以外の効果

また、法人で行えば、法人税・所得税の節税効果があり、個人の場合であれば相続税・贈与税に対する節税効果が大きいことでも注目を高めています。トランクルーム投資は所有する休眠地を有効活用するにはまさにうってつけです。賃貸マンション建設よりも少ない費用で行え、利回りもより高い数字が望める。それでいて、節税効果も大きいといった具合です。

ただし、ローリスクではあるものの、投資である以上、100%成功するという保証はありません。トランクルーム投資のリスクと回避術についても、しっかりと知識を得ておいてください。

トランクルーム投資と土地活用方法については、こちらのページでも詳しく解説しています。

【注目】トランクルーム投資のポイントと業者比較はコチラ

今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ