これからの土地活用ガイダンス ~探そう!あなたの土地の活かし方~ » トランクルーム投資のメリット&用途 » 成功or失敗の分かれ道

成功or失敗の分かれ道

トランクルーム投資、失敗してしまう理由を分析

トランクルーム投資は近年、初期投資が比較的少額で始めるここができ、利回りも高く、失敗のリスクも低いことから、注目の高まっている投資になります。
トランクルーム自体、巷でも見かけることが増えましたし、トランクルーム事業自体が右肩上がりということも、投資への追い風になっています。
しかし、投資である以上、100%成功するという保証はなく、失敗することもありえるのです。起こりがちな失敗について、予め予習をしておくことで、リスク回避に役立ててください。

高利回り=高利益、とは限らない

前述の通りトランクルーム投資は少額から始められ、利回りが高いことが魅力です。これは逆にいえば、必ずしも儲けの金額は高いわけではないという意味でもあります。立地などにもよりますが、トランクルームの賃料は、同じエリアの賃貸物件の賃料と比べれば、はるかに少額です。例えば30年程度の長いスパンで考えた場合、利益はアパートやマンション経営などの方がよいということを、理解しておくべきです。

需要予測の難しさ

近年需要の高まっているトランクルームではありますが、ビジネスとしての歴史が浅く成長過程にあり、市場動向の予測が、まだまだ難しいという側面もあります。この点、賃貸物件の市場の方が熟成されており、予測が立てやすいという現実もある位です。信頼・実績のある、その道のプロの協力やサポートを受けることが賢明です。

用途地域によっては、コンテナ設置が不可

所有している休眠地に、屋外型のコンテナ設置タイプのトランクルームを設置したいという場合、その土地の用途地域がどうなっているかに注意が必要です。第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、および第一種中高層住居専用地域の場合、トランクルームを建築することはできません。所有土地の用途地域については、役所で確認できますので、事前に把握しておくことが賢明です。

利用者目線の不足に注意

例えばご自身がトランクルームを利用することを想像してみてください。荷物の自宅から移動する場合、車での運搬が不可欠となるはずです。それゆえ、もし車で収納スペース前まで乗り付けられないという場合、利用するのを敬遠してしまうのではないでしょうか?また、バイクの収納に利用する場合、乗り入れのためのスロープが用意されているタイプと、自前で用意しなければならないタイプでは、どちらを選ぶでしょうか?こうした利用者目線の有無が、成功か失敗かを大きく左右します。

トランクルーム投資と土地活用方法については、こちらのページでも詳しく解説しています。

【注目】トランクルーム投資のポイントと業者比較はコチラ

今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ