これからの土地活用ガイダンス ~探そう!あなたの土地の活かし方~ » トランクルーム投資のメリット&用途 » 株式会社加瀬倉庫(加瀬倉庫)

株式会社加瀬倉庫(加瀬倉庫)

加瀬倉庫のトランクルーム投資を調査

本ページでは、トランクルーム投資を扱う株式会社加瀬倉庫について、特色や評判、会社概要などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

加瀬倉庫HP
引用元HP:株式会社加瀬倉庫HP
https://www.kase88.com/

加瀬倉庫の特徴・強みとは?

株式会社加瀬倉庫は1978年設立という歴史ある企業。その社名の通り、倉庫業を筆頭に、シェアハウスやマンスリーマンション、自社所有の賃貸物件経営、貸会議室などの事業を多角的に展開しています。

もちろんトランクルームのニーズの高まりを受け、この分野にも早くから進出。屋内型、屋外コンテナ設置型、バイクガレージ、大型ガレージなどを多角的に手がけています。

トランクルーム投資と土地活用方法については、こちらのページでも詳しく解説しています。

【注目】トランクルーム投資のポイントと業者比較はコチラ

展開している投資商品

株式会社加瀬倉庫では、投資向けとして、屋内収納のトランクルーム、屋外コンテナのレンタルボックス、バイク用駐車場のバイクヤード、10帖以上の広さを持つ「ガレージ倉庫」が用意されています。所有している土地や建物を利用する方式で、契約形態を後述の種類から選ぶ方式となっています。

施設メンテナンス・集客サポートの有無

加瀬倉庫では、大きく分けて4つの契約方式を用意しています。「共同経営型」は、オーナーは物件や土地を提供し、売上額に応じた収益を得る方式。「管理委託型」はオーナーが設備投資にコミットし、より大きな利益を狙う方式。「家賃保証型」はいわゆるサブリース方式。以上の3方式では、集客サポートや施設メンテナンスなどもサポート。一方、「独立経営型」という方式では、オーナーが設備などを購入し、加瀬倉庫は運営ノウハウなどを提供。その上で、集客や経営、設備の維持管理などはオーナー自身が行い、一番大きく利益を狙うというやり方になります。

メンテナンスの内容・頻度

上記の通り、「独立経営型」を除く契約形態では、施設メンテナンスを受けられる方式となっています。ただし、その内容や頻度などに関しては言及されていません。設備の種類や立地、規模などの要素によって、ケースバイケースになるものと思われますので、事前に確認した方がよいでしょう。

建築からワンストップで行っているか?

屋内にトランクルームを設置する建築型、屋外にコンテナを設置するレンタルボックスやバイクヤードの場合いずれにおいても、同社は調査からプランニング、設計、建築までをワンストップで対応しています。また後述の通り、加瀬倉庫では「建築確認申請対応コンテナ」を自社製造しており、他社への販売も行なっています。

使用しているコンテナの特徴

加瀬倉庫ならではのポイントとして、使用しているコンテナにも大きな特色があります。競合他社の多くは船舶用コンテナをトランクルーム向けに加工して使用することが多いのに対し、加瀬倉庫では「建築確認申請対応コンテナ」を自社製造。他社への販売も行っています。同社は一般建設業の許可も有しており、構造計算書の作成や建築確認申請も可能。積み重ね使用においても、地震や強風に対しても、安定性・安全性を保つことができるとアピールされています。

サブリースの有無

加瀬倉庫では、土地オーナー向けに、一括借り上げ方式で土地を提供してもらい、オーナーには資金面の負担が少なく、様々な土地活用法を組み合わせることで収益を上げるという方式を提案しています。例えば、比較的面積の大きい休眠地であれば、レンタルボックス・月極め駐車場・コインパーキング・バイクボックスなどを組み合わせる、狭小地であればバイク専用にするといった具合です。

事業開始までの目安期間

前述の通り、加瀬倉庫では、トランクルーム、レンタルボックス、ガレージ倉庫、バイクヤードといった複数の投資物件を用意しています。基本的には事前の調査やプランニングなども含め、個々の案件ごとにケースバイケースとなるようですが、おおよその目安として約15日間~45日間という期間が示されています。

導入までの流れ

  1. 問い合わせ・相談
  2. コンサルティング・現地調査
  3. 合意・契約
  4. 開業準備
  5. 運営スタート

利用者の口コミ

株式会社加瀬倉庫の会社概要

会社名 株式会社加瀬倉庫
所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88
設立 1978年
所有免許
事業内容 レンタルボックス、トランクルーム、バイクヤード、コンテナ販売 など
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ