これからの土地活用ガイダンス ~探そう!あなたの土地の活かし方~ » 「投資はちょっと…」という方へ、その他の土地運用方法

「投資はちょっと…」という方へ、その他の土地運用方法

当サイトでは数々の土地活用投資を紹介していますが、ここでは投資以外の土地運用方法について解説します。

知っておきたい、投資以外の土地運用方法

土地を運用する選択肢としてまず浮かぶのは、不動産投資による土地活用です。ただし、投資である以上、100%儲かるという保証はありませんし、投資の種類にもよりますが、多かれ少なかれ自己資金を用意しなければならないという点も然りです。
そうした場合、「土地を手放す」「土地の運用を誰かに委託する」という選択肢があります。以下に、「売却」と「土地信託」について解説致します。

売却という選択肢

土地を売却してしまうという方法は、手っ取り早く現金化できるという点で、魅力を感じる土地オーナーの方もいらっしゃることでしょう。手元に土地がある限り、どうしても手続きや経営の手間がかかります。そこで「土地を手放す」という選択肢に魅力を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし長い目で見れば、せっかくの資産を手放すこと自体もリスキーなのです。売却してしまった場合、その利益以上の儲けはもうありません。土地売却の流れと、メリット・デメリットについて解説していきます。

土地信託という選択肢

運用する手間はかけられないけど、かといって手放すのももったいない、そういう場合の選択肢として土地信託という方法があります。土地信託とは、信託会社(信託銀行)に土地を信託することで、信託会社の資金で土地を運用してもらう方法です。

土地オーナーが自己資金を用意する必要がなく、オーナーも信託受益権を得ることができます。もちろん、利益になるかどうかは信託先の会社次第。そればかりか、信託先の会社が損失を発生させてしまった場合、土地オーナーにそのしわ寄せが来るというリスクも考えられます。土地信託の流れと、メリット・デメリットについて解説していきます。

土地運用は直感で行うべからず

土地運用をする上では、「持っている土地の条件に適した運用方法」と「運用によって何を得たいのか」をはっきりさせてから、活用方法を選択するようにしましょう。

各運用方法、投資にはもちろん一長一短あります。土地のニーズと自分のニーズと合致する手段を選択するようにしましょう。

今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ