これからの土地活用ガイダンス ~探そう!あなたの土地の活かし方~ » マンション・アパート投資(賃貸経営)のメリット&用途 » 成功or失敗の分かれ道

成功or失敗の分かれ道

マンション投資(賃貸経営)、失敗例から見るその原因

本ページでは、土地活用としてマンション投資を行い失敗した事例から、その原因を分析・検証していきたいと思います。

「マンション・アパート投資(賃貸経営)のメリット&用途」のページでも述べています通り、マンション投資は株やFXなどのハイリスク・ハイリターンな投資に対して、ローリスク・ミドルリターンとされています。しかしながら、投資である以上、100%成功するという保証はどこにもありません。

また土地活用を目的とする場合、物件の規模や工法などにもよりますが、数千万円単位の建設費用が必要となり、家賃収入で返済を賄っていかなければなりません。マンション投資で失敗してしまうのは、入居者が決まらず空室が続くことで家賃収入が得られず、当初の計画のように建設費用が返済できなくなるというパターンが大半です。

事前にしっかりとした予測や分析をしていれば――とりわけその土地の立地や周辺環境が賃貸経営に適しているか否かを的確に判断していれば、賃貸経営が失敗する可能性は低くなりますが、絶対ということはありません。失敗事例を学び、対策を考えておくことが重要になってきます。

管理方法の選択ミスで失敗

実際にあった失敗談としては、管理方式の選択ミスというのがあります。マンション経営を行う場合、大きく分けると「オーナーが集客から管理まで行う:自己管理」、「集客や賃料徴収、トラブル対応などを、所定の手数料で委託する:管理委託」、「入居者の有無に関わらず、家賃の一定額を保証する:サブリース」の3つがあります。

仮に物件が満室だった場合、オーナーの手取りが最も多いのが自己管理、少ないのがサブリース、その中間が管理委託です。欲を出して自己管理あるいは管理委託にしてしまうと、入居者が決まらない期間はその分の収入が途絶えてしまいます。また自己管理の場合、集客業務の手間もかけなければなりません。サブリースを選んでおくべきだったとの声が、よく聞かれます。

サブリースで不利な条件に陥り失敗

一方で、サブリースならば絶対ということもありません。ポイントとなるのは契約条件の期間と見直し時期。長期で一定割合を保証するプランであれば信頼度は高いですが、2年程度で条件を見直すという項目がある場合、オーナーにとって不利な条件を課せられるというケースも起こっています。事前にしっかりと、確認しておくべきです。

今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ