これからの土地活用ガイダンス ~探そう!あなたの土地の活かし方~ » 太陽光発電投資のメリット&用途 » 株式会社デベロップ

株式会社デベロップ

本ページでは、エネルギー事業の一環として太陽光発電投資を提供する株式会社デベロップについて、投資の方法や特徴、実際の投資事例などをまとめてご紹介します。

デベロップの太陽光発電投資の特徴

太陽光発電においては、全国1,000ヵ所以上で開発・運営実績を持つ株式会社デベロップ。長期運用を実現させるための設計・設置はもちろん、その後のメンテナンスや管理・運用までワンストップでサポートしてくれます。運用の手間が省けるので、投資者の負担も最小限に抑えることが可能です。

また、デベロップが提供する太陽光発電システムは、国内外から性能・効率・安定性を考慮し厳選された高品質なものばかり。万が一故障トラブルが発生した場合でも、迅速に対応してくれるので被害を最小限に抑えることができます。

太陽光発電投資と土地活用方法については、こちらのページでも詳しく解説しています。

【注目】太陽光発電投資のポイントと業者比較はコチラ

メンテナンス内容

設置後のメンテナンスにおいては、月に1回の定期巡回を実施。パワコンやパネルの点検をはじめ、発電ロスの原因でもある雑草の除去や不法投棄の処理など、充実したサポートを用意しています。専門の担当者が現場へ足を運び、一つひとつ実際の目で確認したうえで問題があれば迅速に対応してくれるので安心です。

取り扱っている商品プラン

デベロップが取り扱っている太陽光発電システムは大きく分けて2種類。一つ目は、比較的ローコストで狭い土地でも発電が行える低圧プラン。二つ目は、メガソーラーと呼ばれるビジネス向けの高圧・特高プランです。どちらのプランにおいても、大手総合エネルギー商社と連携をとり、より高値での売電を実現できるとしています。

導入事例

太陽光発電の事例01
引用元:株式会社デベロップHP
https://www.dvlp.jp/land/energy/achieve/01/

元競走馬センターの跡地にメガソーラーを設置した例です。敷地面積は43,901m²、発電所容量は2,400KWとなっています。

太陽光発電の事例02
引用元:株式会社デベロップHP
https://www.dvlp.jp/land/energy/achieve/05/

使わなくなった資材置き場の土地を低圧プランで活用した例です。敷地面積991m²、発電所容量は40KW×1となっています。

導入までの流れ

  1. 計画
    設置場所の調査を行い、プランを作成します。
  2. 設計
    基本設計を行い、事業の採算性を試算します。
  3. 認可手続き
    電力会社との契約を結びます。
  4. 建築・施工
    設備の運搬、施工、試運転を行なった後、検査を入念に実施したら完了です。

株式会社デベロップの会社概要

会社名 株式会社デベロップ
所在地 千葉県市川市市川1-4-10 市川ビル8F
設立 2007年
所有免許 宅地建物取引業(千葉県知事(3)第15662号)、一級建築士事務所(千葉県知事登録第1-1504-8016号)など
事業内容 建築・不動産事業、エネルギー事業、ホテル事業、施設管理事業、資産運用代行事業
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ