これからの土地活用ガイダンス ~探そう!あなたの土地の活かし方~ » 「投資はちょっと…」という方へ、その他の土地運用方法 » 土地信託

土地信託

土地活用のひとつとして、土地信託という方法を取り上げ、メリットとデメリットを検証していきたいと思います。

土地活用か?土地信託か?

土地信託とは、所有者の土地を信託会社(委託銀行)に預け、運用利益が出たらそこから経費や手数料(信託報酬)を差し引いた金額を受け取る仕組みです。土地を預ける側を「委託者」、土地を運用する側を「受託者」といいます。
つまり土地信託とは、信頼できる相手に土地を託し、利益を上げてもらい、そこから所定の割合の配当を受け取るやり方のことです。株の投資信託の不動産(土地)バージョンだと思ってください。
委託先は、信託業の免許を保持した会社になります。こちらも投資信託と同じように、一般の委託会社と委託銀行に大別することができます。

土地信託のメリット

土地信託のデメリット

以上の通り、土地信託は自己資金やノウハウが不要であるものの、相応のリスクや、そもそも受諾してもらえない可能性もあります。決して安直に考えず、所有する土地に見合った活用方法がないかどうかを確かめてみてください。前述のように、信託会社がその土地を引き受けるか否かも、判断材料として利用してしまうのもアリでしょう。

今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ