これからの土地活用ガイダンス ~探そう!あなたの土地の活かし方~ » トランクルーム投資のメリット&用途

トランクルーム投資のおすすめの業者・メリットデメリット

トランクルーム投資のおすすめ業者3選

まずはトランクルーム投資業者の中でも、土地の有活と売却どちらも可能な業者を3つ厳選しました。

株式会社デベロップ

デベロップ_キャプ画像_TOP3選

▲画像クリックで公式サイトがご覧になれます

  • 6,000部屋以上の実績
  • サブリース契約にも対応
  • 最短30日でトランクルームが竣工
  • 集客業務から清掃や補修までトータルサポート

エリアリンク

エリアリンク_キャプ画像_TOP3選

▲画像クリックで公式サイトがご覧になれます

  • 安心の上場企業が運営
  • 20年の借上契約で一定の賃料収入
  • 契約・賃料の集金から、物件の清掃、メンテナンス、クレーム対応までサポート

イナバボックス

イナバボックス_キャプ画像_TOP3選

▲画像クリックで公式サイトがご覧になれます

  • 全国150店舗で培った営業ノウハウ
  • 一括借上にも対応
  • 国内トップシェアの物置メーカーが提供するトランクルーム

※株式会社デベロップの実績は2005年9月~2019年3月の実績を反映しています。

話題の『トランクルーム投資』はどんな土地に適している?おすすめの投資業者は?

土地活用の方法として注目が高まっているトランクルーム投資について、投資商材としての特徴、運用する際のメリット・デメリット、適した用途や土地などについてご紹介します。

トランクルーム投資のメリット・デメリットとは?

メリット
  1. れっきとした建築物なので、法人税・所得税・相続税・贈与税の減税効果があります。にも関わらず、マンション・アパートに比べて建設費用が大幅に抑えらます。
  2. 住居には、面積不足や立地条件の悪さで不向きとされた土地でも、車両の導線があれば活用することができます。
  3. 限られた土地面積を、3次元で活用することが可能です。トランクルームを積み上げることで、デッドスペースを効果的に活用できます。
  4. 基本的にはコンテナを設置するだけなので、マンションやアパート投資に比べ初期費用が安く済みます。また、経営後の管理費もあまりかからないので、低リスクで始められます。
  5. 荷物を預けるスペースを提供するだけなので、他の不動産投資に比べ、騒音やゴミ出しなどのトラブルが発生しにくいのが特徴です。
デメリット
  1. 重要とされるのは、車で搬入しやすい立地であること。できれば幹線道路沿いが望ましく、道路が狭く入り組んだ場所や山奥などでは不向きです。
  2. 自分で経営する場合と、運営会社に土地を完全に貸し出す場合があるので、会社によって活用形態の把握が必要です。
  3. 利用者の継続率・計測年数は優れていますが、収益化(空室が埋まる)までは時間が必要になります。
  4. トランクルームの建設場所には制限があり、法律によって定められている一部の用途地域ではコンテナを設置することができません。用途地域に関しては役所で確認できます。
  5. 屋外コンテナの場合は、日差しや雨風を直接受けるため、季節によって室温や温度は大きく変わります。そのため、保管環境のコントロールが難しくなります。

上記以外にも、利用者とは長期契約になる傾向があるので、一旦契約が決まれば長期的に安定した収益が望めます。加えて、トランクルーム投資のビジネス需要は、年々増加傾向にあり、今まさに成長市場という点も大きな魅力と言えるでしょう。

デメリットとして挙げられるのが、収益化まで時間がかかるという点。賃貸住宅に比べてすぐに利用者で埋まるわけではなく、地道な広告活動で周辺住民に認知してもらう必要があるので、軌道に乗るまでは2~3年程度を見ておく必要があります。

トランクルームの経営方式

トランクルーム経営には、3つの運営方式があります。

事業用定期借地方式

業者に定期で土地を借りてもらうことで収入を得る方式です。オーナーは土地を貸すだけで、建物やコンテナは業者が用意する形となります。掛かる費用は土地の固定資産税くらいなので、設備費などは気にせずにトランクルーム経営を始めることができます。運営も業者が行うので、関わる必要はありません。

事業用定期借地権で定められている借地期間は10年以上50年未満です。よって、この条件のもとで期間を定めて土地を貸すことになります。毎月一定の借地料が支払われるので、期間内は安定した収入が見込めます。

ただし、収益性は他の方式よりも低い位置づけです。のちにトランクルームの稼働率が伸びたとしても、リターンに反映されることはありません。リスクを取って収入を増やしたい方は、他の方式を選択した方がいいでしょう。

また、業者と契約を結んだあとは、少なくとも10年は土地を貸すことになります。貸し出し中のため、途中で経営方式や業態を変更することはできません。なので、契約するときは慎重に判断する必要があります。

一括借り上げ方式(リースバック方式)

オーナーに所有権がある土地や建物、コンテナなどを一括で業者が借り上げる方式です。3つの運営方式の中で、一番多い方式と言われています。最初に費用を負担する必要がありますが、土地に加えて設備も貸すことで事業用定期借地方式よりも高い収益が見込めます。

管理や運営は業者が行うので、オーナーが関与することはありません。トランクルームの稼働率に関係なく定額の賃料が毎月支払われます。契約期間内は収入があるので、安定度が高いです。

また、一括借り上げ方式は相続税の節税対策としても効果的です。建物が貸家の扱いとなり、評価額の点でメリットが生まれます。ただし、土地に加えて建物の固定資産税が発生するので、その点も踏まえてトータルで考えてください。

注意点としては、業者が収益を出すことが厳しいと判断した場合には、所有しているトランクルームから撤退してしまうリスクがあることです。万が一に備えて、業者が撤退した場合の契約内容は欠かさずにチェックしましょう。

収益に関しては、土地だけの運営よりも高い収益が見込めるのですが、業務を依頼している分が業者から差し引かれています。より高い収益を望む方は、経営や運営を自分でやる方向でも検討しましょう。一括借り上げ方式は、3つの中ではリスクとリターンが中間に位置します。

業務委託方式

オーナーが、所有地に建物やコンテナを建設してから、さらに経営までを自身で行う方式です。業者には、借主の集客や設備の管理を委託します。他の方式よりも、高い収益を得られる可能性があることが魅力です。

借主からの賃料がそのまま手に入るので、トランクルームの稼働率が高いほど収入が増えます。ただし、逆に稼働率が低い場合には収入が減ってしまうので、その点では他の方式よりも不安定です。リスクを取って高い収益を狙いたい方に向いています。

経営はオーナーが自ら行うので、収益を上げるための努力が常に求められます。空き室がある場合には、ダイレクトに収入に影響するので対策を取らなくてはいけません。

また、業者に支払う管理費や、修復が発生した場合の費用なども考えておく必要があります。さらに、固定資産税が土地と建物で発生する点も忘れてはいけません。

業務委託方式は、手間がかかるうえに収入が不安定です。しかし、すべての売り上げが手元に入ってくるので、高い収益を目指すときには有力な方式となります。

【注目】トランクルーム投資のおすすめ業者を紹介

新興の投資商材であるトランクルーム投資では、業者選びの際にも、信頼に足る実績やネームバリューを持つ会社を押さえておきましょう。


またトランクルーム投資は、有活(土地所有者が経営する方法)売却(投資会社に土地を売却する方法)という2種類の活用方法があります。所有者の方の希望に合わせた提案ができる、ソリューションの多い会社に相談すると、検討時の選択肢が豊富になります。そうしたポイントを踏まえ、数ある投資会社の中から厳選した4社を紹介します。

業者ごとに運営形態やサービス内容、土地・設備を売却したときの対応などに違いがあります。まずはひと通り確認をして、それぞれの強みや特徴を把握しましょう。

業者選びのポイントまとめ
  1. 信頼に足る実績やネームバリューを持つ会社
  2. 有活・売却のソリューション(選択肢)が豊富な会社
  3. トランクルーム(投資商品)建築から手掛ける会社

株式会社デベロップ

株式会社デベロップHP
引用元HP:株式会社デベロップHP
https://www.dvlp.jp/

建築会社が手がける信頼の資産運用
まず紹介するのは、2007年の設立以来、トランクルームの管理部屋数6,000以上という実績・ノウハウを持つ株式会社デベロップです。優れた建築技術をベースとした資産運用を心がけています。
株式会社デベロップ公式HP https://www.dvlp.jp/

  • コンテナ建築のパイオニア的存在
    自社で『コンテナ建築』を手がけており、倉庫・店舗・宿泊施設などもコンテナ建築で展開。さらには同業者へのコンテナモジュール提供も行うなど、コンテナ建築のパイオニア的な会社です。
  • 屋内屋外のどちらでも施工可能
    会社によってはコンテナの質やリスクの問題から、屋内にしか設置できないところもありますが、デベロップでは屋内屋外のどちらでも施工可能です。土地と予算の条件に合わせて、トランクルーム投資における最適なプランを提供してくれます。
  • ワンストップで優れたソリューションを提供
    運営管理のサポートもグループ会社の「ストレージ王」が担当しており、投資プランの提案はもちろん、コンテナ作成~設置工事~集客サポートまでワンストップで依頼することができます。有活と売却のどちらにも対応しており、場合によってはサブリース契約も可能です。

株式会社デベロップのトランクルーム投資サービス

選べるトランクルーム事業プラン

オーナーは、土地を貸し出して毎月一定の利用料を受け取ることができる事業用定期借地方式プランと、毎月の売り上げで収益が変動する共同経営プラン、コンテナを購入したうえで10年間固定額の利回りを受け取る投資プランの3つのトランクルーム事業プランから選ぶことができます。

集客や契約管理・現場清掃などの運営を委託できる

トランクルームを運用するにあたって、面倒な集客や契約管理、現場清掃などの運営をデベロップに委託できます。

チラシやWEBサイトへの掲載、現地看板などの集客業務により、多くのお客様に知ってもらうこともできますし、コンテナの管理・メンテナンスノウハウを持った専用スタッフが最低月2回巡回し清掃・補修をしてくれるので安心です。

運用が終わったらコンテナを買取ってくれる

デベロップでは、トランクルームの運用をやめた場合には、運用が終わったコンテナモジュールの買取オプションもあります。買取オプションを利用した場合は、土地が更地になるのでアパートや駐車場といった他の土地活用もすぐにできます。また、そのまま売却ができるため流動的な資産となります。

対応地域 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・大阪府・兵庫県・岡山県・香川県・福岡県
所在地 千葉県市川市市川1-4-10 市川ビル8F
納期 最短45日
利回り 15~25%、【例】23.14%(70坪・32室)
初期費用 30~50万円/坪、【例】3,000万円(70坪・32室)
事業内容 建築・不動産事業、エネルギー事業、ホテル事業、施設管理事業、資産運用代行事業

株式会社デベロップの公式HPはコチラ

イナバボックス

イナバボックスHP
引用元HP:株式会社イナバボックスHP
https://www.inaba-box.jp/

イナバブランドの安心感
「100人乗っても大丈夫」のキャッチフレーズでお馴染みの大手、イナバ物置のグループ会社であるイナバクリエイト株式会社が手がけるトランクルーム事業で、イナバ物置の製品をベースにトランクルーム向けに改良したものを用いています。
イナバボックス公式HP https://www.inaba-box.jp/

  • 保守管理の豊富なノウハウ
    全国150店舗で培った営業ノウハウを活かし、集客や販促、現場の清掃保守整備、クレーム対応まで、オーナーの手を煩わせることなく代行してくれます。
  • デザイン性に優れたプランも展開
    「INABA96」という建築面積16坪から60坪まで対応できる屋内用トランクルーム専用物件の建築プランも用意されています。おしゃれなカフェを彷彿とさせる外観が特徴で、住宅地でも景観に溶け込むように配慮されています。
  • 屋内屋外のどちらでも施工可能
    イナバボックスでは、屋外にトランクルームを設置するタイプに加え、いわゆる屋内タイプと呼ばれる、既存のオフィスビルや店舗向け物件を改装してトランクルームとする方式にも対応しています。

イナバボックスのトランクルーム投資サービス

2つの土地活用プラン 土地一括借り上げ・パートナーシステム(オーナー制度)

イナバボックスの土地活用プランには、イナバボックスが土地を借り上げ、地代を受け取る土地一括借り上げと、地主がトランクルームを設置し、運営管理をイナバボックスに依頼するパートナーシステム(オーナー制度)の2つがあります。

安定収入が望める土地一括借り上げ、高収入が期待できるオーナー制度、地主の希望に応じてどちらかを選択できます。

24時間体制の整った警備体制 !万一の際はガードマンが即対応

イナバボックスは安心の防犯システムを搭載し、出入り口は大手警備会社のカードキーを使用。また物置はピッキング対応キーを採用、24時間体制で安全を確保するなど警備体制が整っています。万が一の際も警報ボタンでガードマンが即対応してくれるので、安心してトランクルームを設置できます。

運営管理を任せることが可能

オーナーは、集客や設備保守、清掃、クレーム対応などの運営管理をイナバボックスに委託できるので、手を掛ける必要がありません。全国150店舗の実績があるので、安心。

また、イナバボックスは、東証一部上場企業である稲葉製作所のグループ会社です。国内トップクラスの物置メーカーが手掛けるトランクルーム事業には、自社で生産された質の高い製品を使用。設備の運営に関しても、信頼して任せることができます。

対応地域 宮城県・東京都・群馬県・埼玉県・神奈川県・千葉県・静岡県・愛知県・三重県・大阪府・兵庫県・岡山県・福岡県
所在地 東京都大田区蒲田5-27-10 蒲田TKビル5F
納期 3~4ヵ月
利回り 【物置】約35%
【ガレージ】30~35%
【INABA96併設店】約25%
初期費用 【物置】600万円~1,100万円
【ガレージ】850万円~1,300万円
【INABA96併設店】1,900万円~2,800万円
事業内容 レンタル収納事業、鋼製物置等の販売、オフィス家具等の販売など

イナバボックスの公式HPはコチラ

ライゼボックス

ライゼボックスHP
引用元HP:ライゼボックスHP
https://www.reisebox.co.jp/

独自のマーケティング戦術が魅力
株式会社ライゼは、トランクルームの「ライゼボックス」を筆頭に、都市型ガレージの「ライゼホビー」、月極駐車場「ライゼパーク」などを手がけ、独自のマーケティング手法でサポートしてくれます。
ライゼボックス公式HP https://www.inaba-box.jp/

  • チラシ・ショールームなどで集客支援
    開業後の集客支援や広告活動として、チラシやwebサイト、展示会やショールームなど独自のノウハウや販路を確保しています。
  • 設置できるのは屋内に限定
    ライゼは都市部での活用をメインに考えられており、トランクルームは屋内に設置が限定されています。
  • 耐久性の高いコンテナを採用
    マンションの建築基準の実に1.5倍の荷重に耐えるほどの頑固な鉄骨部材を採用。阪神大震災クラスにも対応する耐震性と耐久性を実現しており、また外壁には不燃性の高いサイディング材などを使用しているので、耐火性能も優れています。

ライゼボックスのトランクルーム投資サービス

サブリース契約が可能

ご自身での経営に不安がある方や安定的な収入を得たいという方向けに、ライゼボックスではトランクルームごと借り上げるサブリース契約が用意されています。

ライゼボックスは、狭い土地や変形地などの条件でも活用することができる対応力の高い業者です。条件が一見悪そうな土地でも、トランクルームとして有効活用できるかもしれません。

大手警備会社「綜合警備保障」と連携!警備システム完備

ライゼボックスは万が一の火災や盗難などの事故に備え、大手警備会社「綜合警備保障」と連携。警備システムを完備し、緊急事態の際には綜合警備保障ガードセンターと通信回路で結んで24時間体制で安全を確保しています。これにより安心してトランクルームの運営ができます。

集客効果の高いサポート体制

ライゼボックスは、独自の集客システムを構築している業者です。それにより、高い稼働率を長年キープしています。創業から20年ほどの期間で、賃料の値下げを一度も行っていないことが集客力の高さを証明しています。

オーナーは、開業後にはライゼボックスによる集客活動や宣伝活動の恩恵を受けることができます。ホームページやチラシ、雑誌などの紙媒体を用いてユーザーに対して幅広く告知。

対応地域 東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・兵庫県
所在地 東京都千代田区神田司町2-2-11 新倉ビル2階
納期 要問合せ
利回り 要問合せ
初期費用 【例】マンション1階39ルーム 1,700万円
事業内容 駐車場施設の企画及び管理業務、不動産の売買及び管理、土木建築工事の設計、施工及び請負、前各符号に付帯する一切の事業

ライゼボックスの公式HPはコチラ

キュラーズ

キュラーズHP
引用元HP:キュラーズHP
https://www.quraz.com/

売却専門のレンタル収納大手
国内大手のトランクルーム事業者で、2013年にアメリカの不動産投資会社に買収されてから、さらにブランディングを強化しています。ただしオーナー主導の土地活用(有活)ではなく、土地の売却が前提となっているので、その点はご注意ください。
キュラーズ公式HP https://www.quraz.com/

  • トランクルームを浸透させたブランディング力
    都市部に住んでいれば、キュラーズの名とロゴは、どこかで目にしたことがあるでしょう。全国主要都市に62店舗35,000室のトランクルームを展開している会社です。(2019年8月現在)トランクルームの存在を日本にも広く浸透させました。
  • 主に大都市圏で事業を展開
    東京をはじめとした5大都市で展開しており、都市型のトランクルーム事業を展開しているキュラーズ。売却する土地も、こうした大都市圏内の土地が望ましいようです。
  • ビル丸ごとトランクルームに転用
    ビル一棟丸ごとトランクルームというのが、キュラーズの事業の特色となっています。売却条件としては、延床面積が300坪~1,000坪程度で、用途変更が可能な検査済証が取得済あるいは取得できる適法建築であることが条件となっています。

キュラーズのトランクルーム投資サービス

売却物件を募集

キュラーズでは、オフィスビルや中古店舗をトランクルームにリニューアルする事業を展開しています。対応エリアは、東京都(23区を中心)、神奈川県、千葉県、埼玉県です。また、面積や用途地域などでも条件がありますが、該当する場合は土地や建物を売却することができます。

好立地で利便性が高くセキュリティも充実

キュラーズは人口が密集した好立地で、看板の効果により視認性も高いです。また専用スタッフが常駐しており、即日見学や契約が可能。24時間荷物の出し入れができるなど利便性も高いです。

そして館内は清潔で明るく温度・湿度管理もきちんと調整。さらに多重のセキュリティ・集中監視システムなどセキュリティも整っているので安心して利用できると評判です。

オリコン顧客満足度総合1位!ユーザー向けの独自のサービスを展開

キュラーズは2019年オリコン顧客満足度ランキングトランクルームレンタルスペース部門において総合1位を獲得。2009年以来9度目の受賞という実績が物語るように、知名度だけでなく満足度も高いトランクルームです。

無料お迎えシャトル、オンライン申込サービスなど、新しい独自のサービスを展開しており今後もお客様が安心して便利に利用できるトランクルームとして力を入れています。

対応地域 北海道・新潟県・東京都・神奈川県・千葉県・愛知県・大阪府・広島県・福岡県
所在地 東京都品川区大崎3-5-2
納期 売却のみのため不問
利回り 売却のみのため不問
初期費用 売却のみのため不問
事業内容 レンタル収納の所有と運営

キュラーズの公式HPはコチラ

その他のトランクルーム投資会社

上で紹介している4社以外にも、様々なトランクルーム投資業者があります。それぞれの特徴や商品についてもまとめているので、興味のある方は各詳細ページでチェックしてみてください。

株式会社ランドピア

株式会社ランドピアHPキャプチャ
引用元HP:株式会社ランドピアHP
http://www.landpia.co.jp/

土地活用スキームを収納ビジネスで応用
1992年設立の会社で、当初は都市近郊の農地等を地主さんから借り上げ、比較的広大な土地を必要とするトラック駐車場を開発し、運送会社に貸し出すという、サブリースビジネスを手がけたのが始まりとされています。

  • 土地の有効活用に特化した会社
    不動産業界は、賃貸の仲介や戸建て住宅、マンションの販売など様々な事業がありますが、ランドピアは設立から土地の有効活用に関連した事業のみを継続して行っています。
  • 長年に渡って蓄積された収納ビジネスのノウハウ
    ランドピアが収納ビジネスを始めたのは、2002年。トランクルーム市場が今ほど一般的ではない時に、早期にコンテナを設置して収納スペースの貸し出しを行っていました。
  • 3大都市圏を中心として幅広く事業を展開
    トランクルーム、コンテナトランク、バイクコンテナの事業を行う「スペースプラス」の出店数は、2015年3月の時点で直営とフランチャイズを合わせて385店です。

株式会社ランドピアの投資サービス

大規模用地ではサブリース方式を推奨

ランドピアは、規模が小さい用地や変形地などに対してバイクコンテナサービス、中規模用地ではトランクルームやコンテナルーム、トレーラーハウスなどの提案を行っています。

事業開始後は、オーナー自身で契約や清掃などの業務を行うことになりますが、ランドピアに管理を委託することも可能です。ランドピアは、300坪以上ある調整区域の土地ではオーナーの負担が少なくなるサブリースの提案を主に行っています。

フランチャイズによるノウハウの提供

ランドピアでは、フランチャイズ契約によるトランクルーム事業のパートナーの募集を行っています。コンテナルーム、トランクルーム、バイクコンテナ、倉庫型バイク駐車場でそれぞれ加盟条件が設定されています。

加盟したオーナーは、直営店の豊富な経験をもとに作成された運営、経営方法のマニュアルを見ることが可能。さらに、質の高い集客システムの提案や宣伝活動の支援を受けることができるので、未経験でも安心です。

買取保証がついたバイクコンテナ

平成26年にバイクコンテナを、さびに強くて現地で組み立てるタイプにリニューアル。運搬がしやすくなって長期での利用が実現したことで、買取保証を付けることが可能になりました。買取後のバイクコンテナは、月極バイク駐車場として利用されます。

対応地域 関東、近畿全域・東北・中部・中国・四国・九州
所在地 東京都中央区日本橋蛎殻町1-18-2 中野オイスタービル 4階
納期 約1~2ヵ月
利回り 20~30%
初期費用 要問合せ
事業内容 セルフストレージ事業
·トランクルーム、コンテナトランク「スペースプラス」の管理·運営
·トランクルーム、コンテナトランク「スペースプラス」のフランチャイズ展開  など

エリアリンク株式会社(ハローストレージ)

エリアリンク株式会社(ハローストレージ)HPキャプチャ
引用元HP:エリアリンク株式会社(ハローストレージ)HP
https://www.hello-storage.com/

インパクトがあるキャラクターとデザインを採用
使用しているコンテナは、シャッター部分がオレンジ色に塗装されているのが大きな特色になっています。なお、コンテナのサイズ別種類などは明記されておらず、30坪以上の土地が必要となっているため、一定以上の大きさのコンテナを用いています。

  • 全国に80000件以上の物件数を誇る会社
    エリアリンク株式会社が運用するハローストレージは、トランクルームのサービスを展開している会社です。扱っている物件数は、全国に80000件以上もあります。
  • 知名度が高いキャラクターと特徴的なイメージカラー
    ハローストレージのトランクルームには、サンリオのキャラクターで有名なハローキティーが使用されています。さらに、オレンジとネイビーの特徴的な色がイメージカラーとして使用されているので、見た人の記憶に残りやすいです。

  • 質が高いサービスをユーザーに提供
    ハローストレージは、快適にトランクルームを利用できるサービスが充実しています。コールセンターがあるので、なにかあった場合は素早い対応が可能。また、スマートフォンにアプリをダウンロードすることで鍵がなくても開錠できる新しいサービスがあります。

エリアリンク株式会社(ハローストレージ)の投資サービス

長期間契約での一括借り上げ方式

契約の際は、コンテナ型10年、建築型20年の期間での一括借り上げ方式となります。期間中は、稼働率に関わらずに安定した賃料が入ってくるので、空き室による収入の減少を心配する必要がありません。

上場企業による運営と管理

東証マザーズ上場企業であるエリアリンクが、豊富な経験を元にオーナーの代わりに運営と管理を行います。利用者の募集や集金業務の他に、万が一の近隣トラブルなども対応。

施設は、月3回の巡回清掃によって常に清潔な状態を維持しています。設備のメンテナンスも代行してもらえるので、契約後は手間が掛かりません。警備会社による24時間の監視体制なので、防犯面でも安心です。

コンテナ型と建築型のトランクルームを展開

投資商品は、狭い土地や変形地でも活用しやすいコンテナ型と、長期に渡って安定した賃料収入が期待できる建築型の2種類があります。所有地の規模や初期費用、相続税対策などの点で自分に合ったトランクルームを選択することが可能です。

対応地域 関東、近畿、中部、四国全域・北海道・東北・中国・九州
所在地 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル20階
納期 【コンテナ型】2~6ヵ月
【建築型】6ヵ月~
利回り 【コンテナ型】10~20%
【建築型】約5%
初期費用 【コンテナ型】0円(舗装費用を負担することもあり)
【建築型】アパート同等の建築費用
事業内容 ストレージ事業、不動産販売事業、アセット事業、貸会議室事業、オフィス事業 など

アパルトマンイクシーズ株式会社(オレンジコンテナ)

アパルトマンイクシーズ株式会社(オレンジコンテナ)HPキャプチャ
引用元HP:アパルトマンイクシーズ株式会社(オレンジコンテナ)HP
https://rentalbox.jp/

関西圏の出店数NO.1(2015年自社調べ)
本拠地である関西エリアおよび関東、東海などでトランクルーム事業「オレンジコンテナ」を展開。投資する土地オーナーがトランクルーム経営にコミットする度合いが異なるプランが複数用意されているのが特色です。

  • 関西、関東を中心に事業を展開
    オレンジコンテナは、2015年の自社集計によると関西圏で一番トランクルームを出店している会社とのことです。関東圏の出店数も多く、広い範囲で存在感を示しています。
  • 特徴的な配色のトランクルーム
    事業名に「オレンジ」と入っていることもあり、コンテナにはオレンジと白の縞模様の装飾が施されています。インパクトがあり、ユーザーに認知してもらいやすいデザインです。
  • 室内電源コンセントのサービスを開始
    オレンジコンテナでは、バイクのメンテナンスや工具の充電ができる電源付きのガレージを増設しています。バイク所有者や職人の方などの要望が多いことから開始したサービスです。

アパルトマンイクシーズ株式会社(オレンジコンテナ)の投資サービス

3種類のトランクルーム経営方法

アパルトマンでは、独立プラン、管理委託プラン、一括借り上げプランの3つ中から経営方法を選ぶことが可能です。経営、管理を自ら行って高い収益を望む場合は独立プランで、集客や賃料の集金、清掃などを代行してもらいたい方は管理委託プランとなります。

安定した金額を得たい場合は、一括借り上げプランです。利用ユーザー数による賃料の変動を受けずに、アパルトマンから一定額の収入を得ることができます。

魅力的な集客効果

オレンジコンテナは、関西、関東での出店数が多いのでユーザーからの認知度が高いです。さらに、インターネットでは、検索時の上位表示を重視した取り組みを行っています。これにより、高い反響数を確保。

コンテナの買取プランを提案

オレンジコンテナには、1~3年以内での短期経営を考えている方向けのコンテナ買取プランがあります。オーナーは、ビルやマンションが建設されるまでの土地が開いている期間でも、コンテナ買取プランを活用することでリスクを抑えた経営が可能です。

対応地域 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県・静岡県・愛媛県・愛知県・大阪府・兵庫県・滋賀県・岐阜県・三重県
所在地 大阪府吹田市垂水町3-33-17 アパルトマンイクシーズ本社ビル
納期 要問合せ
利回り 20%以上
初期費用 600万円~1,500万円
事業内容 コインパーキング運営、時間貸し駐輪場運営、駐車場関連機械販売、レンタルコンテナ·トランクルーム、バイクガレージ販売

株式会社錦屋(プラスルーム)

株式会社錦屋(プラスルーム)HPキャプチャ
引用元HP:株式会社錦屋(プラスルーム)HP
https://www.trunkroom-pr.com/

屋内型トランクルームで独自のプランを展開
1967年設立で、かのダスキンのフランチャイズ事業や不動産仲介事業を手がけており、近年では「プラスルーム」の名称でトランクルーム事業を展開。関東はもとより、札幌、静岡・名古屋・広島・福岡といった具合に守備範囲を拡大しています。

  • 高品質なトランクルーム
    屋内型のトランクルームではセコムによる入出管理を行っているので、ユーザーが安心して使用できます。屋外型のトランクルームは、イナバ製物置もしくは区切ったり断熱材を入れたりして改造した海上コンテナを使用。
  • 対応力に優れた豊富なサイズラインナップ
    屋内型トランクルームのサイズは、小さいもので0.4帖、最大で3帖まであるので様々な用途に対応することができます。ちなみに、1帖の目安は段ボール約60個分です。
  • 屋内型のトランクルームが得意
    プラスルームは、既存の物件を屋内型のトランクルームに改装することを強みとしています。業者から大量に仕入れを行うことで、低価格な設備費を実現。

株式会社錦屋(プラスルーム)の投資サービス

独自のトランクルーム投資形態

プラスルームのトランクルーム投資は、オーナーとユーザーが賃貸借契約を結んで、錦屋がユーザーの対応を行う業務委託方式です。プラスルームでは、投資型フランチャイズを推奨。その中には、直売店売却やオーナーチェンジなどの、すでに運営されている物件をそのまま引き継ぐ独自のプランがあります。

自社運営によるウェブサイトの集客力

集客の面でウェブサイトの重要度は高いです。プラスルームでは、契約の約7割が自社ウェブサイト経由とのこと。このウェブサイトは自社で運営しているので、検索時の上位表示対策をするために外部に高い費用を払う必要がありません。

蓄積されたノウハウをもとに作成されているサイトは、高い集客力を実現しています。低コストで質の高いウェブサイトが運営されていることは、オーナーの負担額軽減や収益の増加にもつながります。

トランクルームの売却を支援

諸事情でトランクルームを売却したいときには、サポートを受けることができます。ウェブを利用した売却の他に仲介サービスや買取サービスも行っているので、万が一のときには相談することが可能です。

対応地域 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県・札幌市・広島市・福岡市・名古屋市・静岡市
所在地 神奈川県横浜市鶴見区東寺尾1-29-1
納期 約2ヵ月
利回り 20%以上
初期費用 【例】約27坪440万円
事業内容 ダスキンフランチャイズ事業、有料自習室事業、トランクルーム事業、不動産仲介事業

株式会社日本ビルドライフ(マイキューブ)

株式会社日本ビルドライフ(マイキューブ)HPキャプチャ
引用元HP:株式会社日本ビルドライフ(マイキューブ)HP
https://www.my-cube.com/

千葉県のスペシャリスト
本拠地の千葉県をメインに、トランクルームの「マイキューブ」を展開する業者で、トランクルーム投資の、地域密着業者といった趣になります。閉店してしまった店舗や施設などの建物を、トランクルームとして改築する方式を得意としています。

  • 千葉県での高いマーケティング力
    マイキューブの強みは、なんといっても千葉県を知り尽くしている点です。細かな道路状況やインフラの把握、地域ごとのライフスタイルなどの情報などに、高いマーケティング力を発揮してくれます。
  • 高い稼働率を実現
    2013年10月から1年間の稼働率において、日本のトランクルームの平均が85%前後に対してマイキューブは91.67%を達成。アンケート結果もお客様満足度98%を獲得(2018年8月時点)しているので、今後も高い稼働率をキープすることが見込まれます。
  • 女性も使いやすいトランクルーム
    セキュリティは、各部屋の鍵や契約者専用キーで入場の管理をしている他に、室内に防犯カメラが設置されているので時間帯に限らず安心して利用できます。また、デザイン性を重視することで、他のトランクルームとは違う雰囲気の空間を演出。

株式会社日本ビルドライフ(マイキューブ)の投資サービス

オーナーの希望に沿うための3つのプラン

おまかせ安定プランは、マイキューブが一括借り上げを行い、10~12%の固定利回りをオーナーが受け取ることができるので安定性が高いです。高い収益を目指す方向けのがっつりプランは、自己運営となりますが部分的な代行依頼も可能。パートナーズプランは、100万円から始められるクラウド型投資です。

地の利を活かした出店方法

地元である千葉に精通していることを利用して、地域の特性やアクセスが良い土地を徹底追及。ユーザーのニーズがありそうな場所を調査してトランクルームを設けることが、高い稼働率の原動力ともなっています。

物件なしの投資の場合は千葉県外でも可能

所有している不動産をトランクルームにリニューアルする場合は、千葉県内に限定されています。しかし、0から作成する場合には県外でも大歓迎とのこと。なので、他県でもマイキューブのサポートを受けて参入することができます。

対応地域 千葉市花見川区・千葉市稲毛区・千葉市中央区・船橋市・習志野市・東京都
所在地 千葉県千葉市中央区千葉寺町973-17 ベルス千葉寺101号
納期 約50日
利回り 10~15%
初期費用 1坪あたり約20万円
【例】30坪のスペースで約600万円
事業内容 スペースデザインイノベーション事業、トランクルーム(マイキューブ)運営事業、不動産土地活用コンサルティング事業

株式会社加瀬倉庫(加瀬倉庫)

株式会社加瀬倉庫(加瀬倉庫)HPキャプチャ
引用元HP:株式会社加瀬倉庫(加瀬倉庫)HP
https://www.kase88.com/

加瀬グループが手掛けるトランクルーム
1978年設立という老舗の倉庫業者で、屋内型、屋外コンテナ設置型、バイクガレージ、大型ガレージなどを多角的に手がけています。「共同経営型」、「管理委託型」、「家賃保証型」、「独立経営型」から契約方式を選べるようになっています。

  • 全国でレンタル収納事業を展開
    北海道から九州まで、広範囲で事業を行っています。加瀬グループでは、全国に1400か所の60000室を扱っています。
  • いろいろなニーズに応えることが可能なタイプ・サイズ
    加瀬倉庫では、レンタルボックスやトランクルームから、バイクヤード、ガレージ倉庫までを幅広く扱っています。屋内トランクルームでは最小で0.5帖から、ガレージ倉庫では10帖以上の大型のものを探すことが可能です。

  • 安全で清潔なトランクルームの実現
    トランクルームのセキュリティは、物件出入口と契約スペースにそれぞれ鍵が掛かっている2重体制です。清潔面では、空調・換気が欠かすことなく設備されてるので快適な空気が保たれ続けます。

株式会社加瀬倉庫(加瀬倉庫)の投資サービス

事業用定期借地方式が可能

加瀬倉庫では、オーナーから土地を借りて、そこに設備を作り管理や運営までを一貫して行う方式を扱っています。オーナーが設備費や運営費を負担することはありません。オーナーは、契約期間中に安定して一定額の賃借料の受け取りが期待できます。

屋外コンテナの運営プラン

加瀬倉庫では、いろいろなタイプのコンテナや付属品を販売しています。レバー、シャッター、ドアノブタイプやバイクコンテナなどの他にさらに中古まで取り扱っているので、選択肢が豊富です。購入後は、2つの運営プランから選択する形になります。

おまかせプランでは、管理や運営を加瀬倉庫に一任。高収益追求プランでは、提供された事業運営ノウハウをもとに集客や契約業務、クレーム処理などをオーナーが行います。

建物オーナーが選べる4つの契約方法

建物を所有しているオーナーは、4つの中から自分に合った契約方法を選ぶことができます。建物を提供する共同経営型と、そこからさらに設備投資のリスクを負う管理委託型。この2つは、収益が売り上げに連動します。

他には、安定した収益が見込める家賃収益型と、より高いリターンを狙う独立経営型があります。独立経営型の場合でも、集客や管理・運営の一連のサポートを受けることが可能です。

対応地域 関東、四国全域・北海道・東北・中部・近畿・九州
所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11
納期 15日~45日程度
利回り 要問合せ
初期費用 0円~ 35,000/坪(プランによる)
事業内容 レンタルボックス、トランクルーム、バイクヤード、コンテナ販売 など

株式会社マリンボックス

株式会社マリンボックスHPキャプチャ
引用元HP:株式会社マリンボックスHP
https://www.marinebox-inc.co.jp/

借りやすさが魅力の個人倉庫
1992年設立。本拠地である神奈川県を中心に260ヶ所 5,500室の屋外型トランクルーム、屋内型トランクルーム、バイクボックスを展開するという業者になります。すべての物件で利用開始の初回月の賃料を無料とする施策を実施しています。

  • 時期や物件を選ばず初回賃料が無料
    マリンボックスでは最初の1か月は賃料が発生しないので、ユーザーは初期費用を安く抑えることが可能(管理費500円は、初回から発生)。集客の面で、高い効果が期待できます。
  • ユーザーが利用しやすいサービス
    強みとして挙げられるのが、契約時の保証人不要です。支払い能力さえあれば、ユーザーはすぐに物件を借りることができます。また、マリンボックスのウェブサイトでは、リアルタイムで空き室の確認をして、そのまま申し込むことも可能。希望の部屋が埋まっている場合は、予約ができます。
  • トランクルームの安心設計
    基本的には防犯カメラで常に監視が行われているので、不測の事態が起きたときも安心。また、夜間に備えて照明が完備されていたり、2階建ての場合には固定階段が設置されていたりするので、安全なトランクルームの利用が可能。

株式会社マリンボックスの投資サービス

事業システムは一括借り上げ契約

オーナーから一括で借り上げを行って、マリンボックスがコンテナを設置したり倉庫を増設したりします。ユーザーとの賃借契約やクレーム処理なども一貫して行ってもらえるので、オーナーが手を煩わすことはありません。契約期間中は、毎月一定額の賃料がオーナーに支払われます。

メンテナンス費の負担が不要

清掃費や光熱費、ユーザー退去時にリフォームが発生した場合の費用などはマリンボックスが負担するので、オーナーは金額を気にする必要がありません。

個人向け倉庫事業を全面的にバックアップ

土地診断や市場調査を行ったうえで、マリンボックスがオーナーに最適な事業プランの提案を行います。オーナーは事業開始後に、設備の設置や建築、保険等の手続き、運営などの一通りの支援を受けることが可能です。

対応地域 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県・茨城県・静岡県・岐阜県・愛知県・滋賀県・三重県
所在地 神奈川県藤沢市湘南台2-18-1
納期 要問合せ
利回り 約20%
初期費用 50万円~
事業内容 個人法人用倉庫業

株式会社アンビシャス(収納ピット)

株式会社アンビシャス(収納ピット)HPキャプチャ
引用元HP:株式会社アンビシャス(収納ピット)HP
http://ambitious8.biz/index.html

関西エリアで放つ強い存在感
2006年設立。本拠地である大阪を筆頭に、関西エリアをカバーするトランクルーム事業を展開。企業カラーのワインレッドを使用したコンテナや看板などが、関西エリアではお馴染みとなっており、セミナー開催や小冊子の販売などにも注力しています。

  • 大阪近郊を中心に事業を展開
    アンビシャスは、大阪に約160店舗を出店している会社です。さらに、兵庫や京都、奈良にも出店を行っています。2019年2月には、兵庫県でのトランクルーム店舗数が76店舗を達成。
  • 屋内と屋外の2種類の収納スペース
    ユーザーは、用途に合わせて屋内トランクか屋外コンテナを選ぶことができます。屋内は、17種類のサイズから選ぶことが可能。屋外に関しても、小さいサイズでは0.7帖から用意してあります。

  • ユーザー向けの魅力的なキャンペーン
    収納ピットでは、集客のために様々な特典を提案。キャンペーンでは、最大で6か月の月額使用料が半額になったり、契約事務手数料や保証料などの初期費用が無料になったりします。他には、新規の方限定で半年以上の利用者は解約手数料が20%オフになるキャンペーンがあります。

株式会社アンビシャス(収納ピット)の投資サービス

選べる店舗形態と加盟店プラン

収納ピッドの店舗形態は、郊外の住宅街にコンテナ型トランクルームを設置して土地活用するタイプと、テナントビルにトランクルームを出店するタイプがあります。

店舗形態を決めてから選べる加盟店プランは、高い収益を目指す方向けのオーナープランと、店舗を一括で借り上げてもらうサブリースプランの2種類です。オーナープランの方がリスクが高い分、多くのリターンを受け取れる可能性があります。ただし、初年度から運転資金が必要です。

集客のためのマーケティング会社との打ち合わせ

収納ピッドは、ネット経由の問い合わせや契約を増やすために検索時の上位表示を常に意識。そのために、マーケティング会社との打ち合わせを週に1度行っています。

セキュリティ対策が充実

防犯カメラと専用のセキュリティカードが、すべての店舗で使用されています。大手警備会社であるセコムと連携している店舗も着々と増えています。屋外コンテナでは、複製することが不可能とされているイスラエル製の鍵を採用。

対応地域 大阪府・兵庫県・京都府・奈良県
所在地 大阪市中央区南船場1丁目3-5 リプロ南船場8F
納期 物件紹介後約2ヵ月
利回り 28.2%
初期費用 40坪650万円
事業内容 トランクルーム投資「収納ピット」FC本部の運営、不動産コンサルティング業

株式会社クリエイト西武

株式会社クリエイト西武HPキャプチャ
引用元HP:株式会社クリエイト西武HP
http://www.create-seibu.com/

地域密着型のトランクルーム事業
1984年設立で、東京・神奈川・埼玉を拠点に、トランクルーム事業を展開する企業です。運用方法が異なる3つのプランを用意しており、「とにかく高利回りで利益を得たい」という方や、「少額でも安定的に収入を得たい」という方など、それぞれのニーズに合った運用を提案してくれます。

  • 西武線沿いの豊富な物件
    クリエイト西武は、西武池袋線や西武新宿線のエリアを中心に多数の物件を所有。地域の特性を把握したうえで、事業を展開しています。
  • 豊富な商品ラインナップ
    幅広く土地活用事業を行っているクリエイト西武では、オフィスビルや店舗に設ける屋内型、コンテナ型の屋外タイプ、バイクガレージなど様々なトランクルームを取り扱っています。

  • 選べるコンテナサイズとバイクボックス
    コンテナは、収納ケースが約14個くらい入る0.75帖サイズから最大で8帖までを展開。バイクボックスは7タイプあるので、ユーザーのバイクに合ったものを選ぶことが可能。

株式会社クリエイト西武の投資サービス

3種類のクリエイトランク運営プラン

クリエイト西武では、オーナーの希望に合わせるための運営プランが用意されています。100%自営型と言われている最高利回り追求プラン、部分的に運営を委託する高利回りチャレンジプラン、毎月の賃料を受け取ることができる一括借り上げ方式のらくらくおまかせプランの3種類です。

安心のメンテナンス体制

クリエイト西武は、快適な設備環境を維持するために月2回の点検、清掃を行っています。その際は、防犯のために曜日や時間帯をあえて不規則にして巡回。蛍光灯などの消耗品の交換や補修や修理が必要な場合には、速やかな対応を行います。

様々な管理を委託することが可能

オーナーは、事務や管理に関する数多くの業務をクリエイト西武に行ってもらえます。らくらくおまかせプランでは、すべてを代行してもらうことが可能。高利回りチャレンジプランでももちろん委託できますが、指導を受けながら自身で行う業務範囲を広げていくことができます。

対応地域 東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県
所在地 東京都東村山市栄町2-9-25
納期 要問合せ
利回り 20~30%、50%超もあり
初期費用 0円~(一括借り上げの場合)
事業内容 賃貸不動産の総合管理業、不動産の売買·賃貸仲介業、土地開発分譲·新築住宅、土地・建物有効活用事業の運営·管理、損害保険代理店 (あいおいニッセイ同和損害保険)

トランクルーム投資に適した土地条件とは?

土地の条件は幅広く、車の搬入ができる土地なら成功の可能性アリ!

トランクルーム投資は必ずしも駅チカの土地である必要はなく、車両の搬入ができる場所なら問題なく活用できます。また、土地の大きさや形に不具合があっても(変形地や狭小地など)、限られた面積で展開することが可能です。

設置する地面については、平坦であることと、ある程度の硬さがあることが求められます。ただし、必ずしもアスファルト舗装でなければならないということはなく、コンクリートの平板ブロックをコンテナの下に適宜枚数敷き詰めるといった対処により、コンテナ設置を行えます。

もうひとつ注意が必要な点としては、その土地の「用途地域」。第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、および第一種中高層住居専用地域には、トランクルームを建設することができないので、どの用途地域に該当しているかをあらかじめ確認しておきましょう。

初めての「トランクルーム投資」知っておきたいQ&A

はじめてトランクルームを検討している方のために、利回りの相場や体験談など、知っておくべき基本情報をまとめました。

利回りの目安は?

設置するコンテナ数(トランクルーム数)と投資額にもよりますが、利回り15~20%と、不動産投資よりも大きな回収率が見込めます。また、法人で行えば、法人税・所得税の節税効果があり、個人の場合であれば相続税・贈与税に対する節税効果が大きいことでも注目を高めています。

リスクはある?

マンション投資などと比べ初期投資に必要な費用が少額で済み、利回りもより高い数字が期待できますが、リスクも存在しています。しかしながら、あらかじめ理解し対策を講じておくことで、回避することができる性質のものです。

土地なしでもできる?

トランクルーム投資では多くの業者が、遊休地を所有している地主さんを対象としているものの、トランクルーム投資を行うための土地を借り上げたり仲介する、あるいはトランクルーム事業への投資を募るといった門戸を開いている業者も存在しています。

違法物件にご注意を!

いささかショッキングなことですが、決して少なくない業者が「野積みコンテナ」と呼ばれる、建築確認を取得していない違法な建築物のままトランクルーム事業を行っているという現実があります。投資先の業者が正当な手順や手続きを経て、合法な状態で営業しているかをチェックする必要があります。

初期費用はどれくらいかかる?

トランクルーム投資のメリットとして、第一にあげられるのが、初期費用の安さです。一般的な屋外型の場合は、300~600万円が相場といわれており、アパートやマンションなどの不動産投資に比べ少ないリスクで始められます。具体的にどのような部分に費用がかかるのかを詳しく解説しているので、検討中の方はぜひチェックしてください。

トランクルームの種類

トランクルームには、大きく分けて屋外型と屋内型の2種類のタイプがあり、それぞれによって使用する用途や扱える保管品などは異なります。

屋外に設置するコンテナの場合、夏場は室温が40℃以上になることもあるため、高温多湿環境に適さない品物は避けるようにしましょう。主に大型の家具類やアウトドア用品、建築資材などが適しています。屋内型の場合は、基本的に空調設備が整っているので、保管できる物の幅は広がりますが、屋外型よりも比較的スペースが狭いため、大型サイズの荷物を保管するのは難しくなります。

セキュリティ対策は?

トランクルーム投資において長期的かつ安全に経営を行なうには、セキュリティ対策にも目を向けておく必要があります。屋外型の場合は、基本的にコンテナの施錠だけで問題はありませんが、万全を期するのではあれば、防犯カメラの設置や敷地の外枠に柵や堀を設けるなどの対策をとっておくようにしましょう。屋内型の場合は、施錠に加え、警備スタッフの配置や警備システムの導入などが一般的です。

どんな設備が必要?

トランクルームを運営するにあたり、取り入れておきたい設備はさまざまありますが、なかでもとくに必要性の高い設備として挙げられるのが、駐車場と空調設備です。

近くに駐車スペースがないと、利用者は保管する荷物を運ぶだけでも一苦労です。不便さは集客にも大きな影響を与えるので、気を付けましょう。空調設備は、保管環境を整える上でも欠かせないアイテムです。夏場の湿気で保管品が傷んだり、故障したりしてしまうリスクを避けることにより、利用者の満足度を向上させられれば、集客の拡大にも大いに繋がります。

起こり得るトラブルとは?

トランクルーム投資を行なう前に抑えておきたい、代表的な3つのトラブルとその対処法をご紹介します。安心・安全な環境作りは、経営の良し悪しを左右する大切な要素です。ぜひ事前に確認し、トラブル防止に役立ててください。

成功or失敗の分かれ道

トランクルーム投資は、初期投資が比較的少額で始めるここができ、利回りも高く、リスクも低いものですが、100%成功するという保証はありません。起こりがちな失敗について前もって予習しておくことで、回避に役立ててください。

トランクルーム経営における主な集客方法について紹介します。トランクルーム投資を扱う業者のなかには、集客サポートも行なってくる会社もあるので、どの集客方法を取り入れたいかを考えつつ業者選びの参考にしてみてください。

WEB広告

トランクルーム投資の集客方法としてもっとも一般的かつ効果が見込めるのが、WEB広告です。手段としては大きく分けて、「ポータルサイトの活用」「ホームページの作成」の2種類があります。

ポータルサイトは他店と比較しやすいよう作られているので、低価格料金を強みとするトランクルームであれば、比較的反響は集まりやすくなるでしょう。ホームページの場合は、ポータルサイトよりもさらにターゲットに近いユーザーを獲得できる可能性があります。

トランクルームを探しているユーザーの多くは、「駅名」+「トランクルーム」や「地名」+「トランクルーム」などのキーワードで検索する傾向にあります。業界としてはまだ新しいトランクルーム市場において、「ポータルサイトで比較する」という認識自体が現状そこまで高くないので、駅名や地域名で上位表示しやすいホームページを作成しておけば、顕在性の高いユーザーの獲得に繋がります。

チラシ

WEB広告に比べ作成に時間がかからないチラシは、トランクルーム投資の集客手段の第一歩として活用するには効果的な方法だといえます。チラシは成約率こそ低いですが、潜在ニーズにアプローチできる点が大きなメリットです。

WEB広告の場合は基本的にトランクルームを探している人へのアプローチですが、チラシはそもそもサービス自体を知らないという人に対してもアプローチできるので、長期的な戦略としては効果的だといえます。

チラシ集客のポイントは「継続」です。すぐに効果が表れないからと諦めてしまう方が多いですが、先の経営を考える上でも潜在ニーズへの対策は重要な要素なので、諦めず続けることを心がけてください。

看板

看板広告の主なメリットは、「視認性の高さ」と「ランニングコストがかからない」の2点です。看板は分かりやすく一目で店舗の情報を宣伝できるので、人や車の通りが多く、目立つ場所に設置すれば集客効果も大いに見込めるでしょう。

初期費用や工事期間などはかかりますが、チラシとは違い一度作ってしまえば壊れるまで宣伝し続けられるため、その後のランニングコストはかかりません

今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ