これからの土地活用ガイダンス ~探そう!あなたの土地の活かし方~ » トランクルーム投資のメリット&用途 » 株式会社ライゼ(ライゼボックス)

株式会社ライゼ(ライゼボックス)

ライゼボックスのトランクルーム投資を調査

コンテナ型モジュール建築のトップランナーであり、トランクルーム投資を提供する株式会社デベロップについて、投資の方法や流れ・投資事例などをまとめています。

株式会社ライゼHP
引用元HP:株式会社ライゼHP
https://www.reisebox.co.jp/

ライゼボックスの特徴・強みとは?

株式会社ライゼは、トランクルームの「ライゼボックス」を筆頭に、都市型ガレージの「ライゼホビー」や月極駐車場「ライゼパーク」、さらにはスポーツジムやレンタルオフィス、リゾート住宅などを多角的に手がける会社になります。

なかでも同社ならではの大きな特色として挙げられるのが、トランクルームの「ライゼボックス」、都市型ガレージの「ライゼホビー」のいずれもが、空き地に改造コンテナを設置する方式ではなく、すべて新築の建物あるいは既存の建物を改築する方式で、利用者に貸出しているという点になります。

トランクルーム投資と土地活用方法については、こちらのページでも詳しく解説しています。

【注目】トランクルーム投資のポイントと業者比較はコチラ

展開している投資商品

前述しました通り、株式会社ライゼでは様々なビジネスを多角的に手がけていますが、土地活用の投資として門戸を開いているのが、トランクルームの「ライゼボックス」ならびに都市型ガレージの「ライゼホビー」になります。

また、これらをひとつの建物で組み合わせるというやり方も多く実践しており、例えば建物の1Fをシャッター付きガレージ、2Fより上をトランクルームとした事例。あるいは建物の1Fをガレージ、2Fを個別階段でつないだメゾネット、3Fより上階をトランクルームとするといった事例も見られます。もちろん、ひとつの建物で「ライゼボックス」または「ライゼホビー」として完結している場合も然りです。

施設メンテナンス・集客サポートの有無

集客や各種手続き、賃料徴収などの面倒な業務は株式会社ライゼがサポート。また建物は国交省指導のレンタル収納スペース推進施設であり、セキュリティシステムも備えています。

メンテナンスの内容・頻度

上記の通り、室内型で24時間、天候に左右されずに施設を利用できることをセールスポイントにしており、清掃作業は定期的に実施、常にクリーンで安全な物件の確保・維持に努めているとしています。

建築からワンストップで行っているか?

前述しました通り、トランクルームの「ライゼボックス」、都市型ガレージの「ライゼホビー」はいずれも建物を使用したもので、屋外にコンテナを設置するタイプではありません。新築の場合は、鉄骨造で国交省指導のレンタル収納スペース推進施設の基準をクリア。既存建物の改築の場合も同等レベルまで引き上げるとしています。

使用しているコンテナの特徴

上記の通り、株式会社ライゼでは「コンテナ型トランクルーム」と「建築型トランクルーム」の双方を手がけています。建築型トランクルームは、木造2×4工法を採用し、安全性、快適性を高め、より低コストで建築できるといったメリットが訴求されています。なお、ホームページ上では言及されていませんが、建築は提携している業者に委託するものと思われます。

「コンテナ型トランクルーム」に用いるコンテナは、シャッター部分がオレンジ色に塗装されているのが大きな特色になっています。なお、コンテナのサイズ別種類などは明記されておらず、30坪以上の土地が必要となっているため、一定以上の大きさのコンテナを用いる方式と思われます。

サブリースの有無

利用者、入居者の有無に関わらず、賃料の所定割合分を保証するサブリース方式。ライゼボックスおよびライゼホビーでは、この方式にも対応しているとのことです。

事業開始までの目安期間

屋外の土地にコンテナを設置するタイプではなく、既存物件の改築あるいは新規建築となるため、事前の調査やプランニングなども含め、個々の案件ごとにケースバイケースとなるようです。

導入までの流れ

  1. 土地診断
  2. マーケティング
  3. プランニング
  4. 契約締結
  5. 設計・施工
  6. 現場管理・検査
  7. 開業

利用者の口コミ

株式会社ライゼの会社概要

会社名 株式会社ライゼ
所在地 大阪府大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル1309号
設立 1991年
設立 1991年
事業内容 駐車場施設の企画及び管理業務、不動産の売買及び管理、土木建築工事の設計·施工及び請負、前各符号に付帯する一切の事業
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ