これからの土地活用ガイダンス ~探そう!あなたの土地の活かし方~ » こんな土地はどう活かす?条件別土地活用までの流れ » 空き家

空き家

空き家となった物件とともに土地活用…どうしればいい?

ここでは、空き家となった物件とともに土地活用したいという場合に、踏まえておくべき基礎知識や注意すべき点などを取りまとめてご紹介していきます。

空き家を取り巻く情勢は?

ニュース番組や新聞報道などでも目にする機会が増えていますが、空き家は昨今増加の一途を辿っており、社会問題となっています。2015年には「空き家対策特別措置法」が施行され、各行政府が空き家へ立ち入ることを認めるまでになっています。

いわゆる少子高齢化や、都市圏への人口集中など様々な原因が重なっていますが、とりわけ大きいのは税制の問題。空き家となった住宅を取り壊して更地にしてしまうと、固定資産税が増額されてしまうので、だったら空き家のまま放置していた方がよいとなるのです。

この点こそが、空き家が増え続けている元凶と言っても過言ではありません。

土地活用する際の注意点

空き家を利用した土地活用の場合、一番トラブルになりやすいのが、相続人が複数いる場合です。空き家となるケースで多いのは、実家で暮らしていた両親が亡くなり住む人がいなくなったというパターン。その実家を相続する人間が一人ならば問題はないのですが、兄弟姉妹などが複数いる場合は厄介です。

ご存知の通り、不動産というものは分けて持つことはできません。例えば長男が実家の権利を独占し、さらには土地活用で利益を上げるということになれば、他の兄弟や姉妹は面白いはずがありません。遺産分割協議において、相続人全員が納得するまで話し合い、合意を得ることが何より重要です。

活用方法とポイント

空き家となっている物件の立地や周辺環境はもとより、間取り、築年数、敷地の面積などの要素によって、様々なやり方が考えられます。例えば、物件の状態が良好であれば、そのままあるいは簡単なリフォームの上で借家として貸し出すというのがひとつ。

逆に、物件が老朽化しているのであれば、取り壊した上で、マンション・アパートやトランクルーム、太陽光発電など、本サイトでご紹介している土地活用方法の中から、その土地に最も適したやり方を選ぶということができます。

もうひとつ、建物が古くなっている場合には、それを逆手に取り、近年人気となっている古民家カフェや古民家レストラン向け物件にリフォームして貸し出すというやり方も考えられます。

いずれにしても、どのやり方が一番よいのかを、物件の立地や周辺環境、建物の状態などを総合的に踏まえて判断することが大切です。

今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ