これからの土地活用ガイダンス ~探そう!あなたの土地の活かし方~ » 知っておくべき土地活用の基礎知識 » 土地活用は儲かる?

土地活用は儲かる?

土地活用に興味があるけど、本当に儲かるのかどうか、どれくらい儲かるのかと気になる方も多いのではないでしょうか。

土地活用にはさまざまな種類がありますが、その種類によって抑えるべきポイントが異なり、土地によって活用方法に向き不向きがあります。この記事では、儲かる土地活用の方法について紹介していきます。

土地活用は儲けられるといえる

結論から伝えると、土地活用は儲けられます。そうでなければ、土地活用をメインに事業をしている企業は、収益を出せないまま倒産してしまっているはずです。こういったことからも、土地活用は儲けられる可能性があるのです。ただし、絶対に儲けられるわけではないことは知っておきましょう。また、土地活用の方法によって、収益の安定性・金額は変わります。また、リスクも変わります。これらを踏まえた上で土地活用で収益を出せる確率を上げるポイントを知っていきましょう。

土地活用で儲かるためのポイント

土地活用で儲かるためにはどのようなポイントに気を付けなければいけないのでしょうか。賃貸住宅経営、駐車場経営、高齢者施設経営の代表的な3つの土地活用パターン別にポイントを解説していきます。

賃貸住宅経営のポイント

賃貸住宅経営で儲かるために大切なポイントは以下の4つです。

今持っている土地の環境が賃貸住宅経営に適しているかどうかをよく確認しましょう。家賃の相場や住環境がよいエリアであれば、比較的初心者であっても失敗のリスクは低くなります。そして、収益が少なくてもできる限り長く経営することが大切です。

駐車場経営のポイント

駐車場経営で儲かるために大切なポイントは以下の通りです。

駐車場経営は単価が高額でない分、大きな収入を期待することはできません。しかし、以上の3つのポイントを押さえることで安定した利益を出しやすくなります。

高齢者施設経営のポイント

高齢者施設経営で儲かるために大切なポイントは以下の3つが挙げられます。

高齢者施設の経営をする場合、自治体からの補助金を受給できるケースがあります。こういった優遇をうまく利用することが高齢者施設経営で儲かるために大切なポイントのひとつです。また、アパート・マンション経営と同様に、こちらもできる限り長く経営するようにしましょう。

土地活用の向き不向き

土地活用方法によって向いている土地は異なります。アパートマンション向きの土地もあれば、駐車場経営に適している土地などもあるのです。土地活用方法に正解はありませんが、できる限りその土地で最大限に収益を得られる土地活用方法を見極めて選択するようにしましょう。

土地活用のリスクも把握しておく

土地活用にはリスクも伴います。儲かることだけを考えるのではなく、リスクも把握したうえでどの方法が最も今の自分の状況に適しているのかを考えましょう。収益を上げることももちろん大切ですが、リスクをどう抑えながら長く経営するかも大切なポイントとなってきます。

また、土地活用の種類によってそれぞれ抱えるリスクも異なります。例えば、マンションアパート経営では空き室、事故リスクなどです。そのリスクを把握し、どのようにしてそのリスクを抑えるか対策を考えなくてはなりません。うまく対策を講じながら長く経営ができる方法を選択できると良いですね。

土地活用の収入を知る

土地活用で儲けるために大切なことがあります。それは収入の考え方です。この考えをしっかりと把握しておかなければ、思うような収益を上げることができません。

収入

土地活用の収入、もしくは収益はアパートやマンションの経営や駐車場経営などによって1年間に売り上げた金額のことです。アパートやマンション経営の場合は家賃収入だけでなく、礼金や駐車場料金なども含まれます。

経費

アパートやマンション経営、駐車場経営のためにかかった費用が経費です。アパート・マンション経営の場合は固定資産税をはじめとした租税公課、建物・設備の修繕費や減価償却費がこれに当てはまります。

所得

収入から経費を差し引いた金額が所得に当たります。所得税は収入に対してかかるものではなく、この所得に対してかかる税金です。

キャッシュフロー

キャッシュフローというのは、不動産経営によって得られる収入と支出の差のことを指しています。このキャッシュフローを把握することが極めて重要で、お金の流れを理解しておかなくてはなりません。

土地活用のメリット・デメリットを知る

土地活用を行うとどのようなメリット、デメリットがあるのかもしっかり把握しておきましょう。簡単に解説していきます。

メリット

土地活用の主なメリットは以下の3つあります。

ではこの3つについて順番に解説していきます。

1.定期的な収入

賃貸マンションやアパート、駐車場経営などさまざまな土地活用方法がありますが、どの方法をとっても定期的な収入を得ることができます。土地活用のためにローンを組む場合、早期に完済できれば将来働かなくても安定的な収入を得られるのです。

2.節税効果が期待できる

土地をそのままにしておくよりも、活用したほうが固定資産税を安く抑えられます。また、相続等を考えた場合においても建物を建てておくことで相続税評価額も抑えられるのです。他にも様々な節税効果が期待できます。

3.土地の管理ができる

土地をそのまま放置しておくと雑草が生い茂るため、草刈りなどをしなければなりません。管理に手間がかかってしまうのが空き地の難点ですが、土地活用をすることで管理などの手間の軽減にも繋がります。

デメリット

続いて、土地活用をするデメリットについても解説します。デメリットは主に以下の2つが考えられるでしょう。

1.初期費用が掛かってしまう

土地活用の方法にもよりますが、そのほとんどは初期費用が必要となります。賃貸マンションの場合は初期費用が大きく、入居者を集めるスキルも必要となるので初心者には不向きです。中には資金を抑えられる方法はありますが、一定のコストがかかってしまいます。

2.リスクがある

事業をするうえでリスクを避けることはできません。例えば、ローンを多額に組んだ場合は、収入がうまく入らなくなってしまったときに最悪破産の選択をしなくてはいけない場合もあります。土地活用をする際には、多少なりともリスクがあることを承知の上で事業に取り組まなくてはならないのです。

今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ