これからの土地活用ガイダンス ~探そう!あなたの土地の活かし方~ » ホテル投資のメリット&用途 » タウンホテル24

タウンホテル24

タウンホテル24のホテル投資を調査

多目的ビジネスホテルというコンセプトで全国展開しているタウンホテル24。土地活用の観点から見ると、どんな特徴や強みがあるのでしょうか?このページでは、タウンホテル24の会社概要や土地活用サービスについて紹介します。

タウンホテル24
引用元HP:タウンホテル24HP
https://www.townhotel24.co.jp/

タウンホテル24の特徴・強みとは?

タウンホテル24は、東京都と神奈川県を中心に、富山県や広島県でもホテルを経営する会社です。2004年に会社を設立してから、着実にホテルの数を増やしてきました。現在は日本国内に9つのホテルがあります。

興味深いのはその経営コンセプトです。街のオアシスとして、滞在中の時間が癒やしのひとときとなるようサービスを提供しています。スタイルは多目的ビジネスホテル。数々の宿泊客のニーズに応えるべく、客室の設計やスタッフの意識改革を行っています。

その1つがバリアフリー化です。客室の多くをバリアフリーにすることで、高齢者や障害のある方が快適に過ごせるようにしました。今後も時流に合わせたアイデアで顧客満足を達成していくことでしょう。

タウンホテル24の土地活用はホテル投資です。常識にとらわれない発想で、現在使われていない土地が生まれ変わるでしょう。人が行き交う繁華街にユーススタイルのホテルを建てるなど、戦略的なホテル投資を行なえます。

ホテル投資と土地活用方法については、こちらのページでも詳しく解説しています。

【注目】ホテル投資のポイントと業者比較はコチラ

展開している投資商品

タウンホテル24はホテル投資の機会を提供しています。そのなかでも特にビジネスホテルに注目し、利益を生み出しています。タウンホテル24がビジネスホテルをすすめるのは、収益性の高さです。

開業などに要するコストが比較的安く、それでいて高い収益を望めます。安定した収入が実現すれば、有利なキャッシュフローを手に入れられるでしょう。

とくに多目的ビジネスホテルの場合、効率的な収益確保を期待できます。フレックスデイユースやアーリーチェックインナイトユースなど、時間利用を組み合わせるのが多目的ビジネスホテルの1つの形態です。ホテル滞在者が利用しやすいサービスを取り決めることで、収益をより増やしやすくなります。

コスト面では、オーナーの負担を減らすよう努めています。建築費用は客室をシンプルなものにすることで抑制。利用客に評判のいい清潔な客室も、清掃経費を徹底的に削減します。初期費用を抑えたいというオーナーにおすすめです。

タウンホテル24の契約形態

タウンホテル24と土地活用の契約をする場合、3つの形態から選びます。それぞれメリットとデメリットがあります。

フランチャイズ契約

本部の運営指導を受ける契約です。ホテルの建設は土地のオーナーが行ないます。そして、ホテル建設後もホテルの経営・運営はオーナーが継続して行わなければなりません。

タウンホテル24のサポートを受けながら、ホテルのオーナーとして収益を上げたい方におすすめの契約です。ホテル経営が軌道に乗れば、利益を多く出せるというメリットがあります。ただし、ホテル経営を学ばなければいけない点や、集客がうまくいかなければ利益が上がらないのがデメリットです。

フランチャイズ契約の契約期間は15年です。満期と同時に更新できます。修繕積立やロイヤリティーなど、月々の固定費が発生します。研修費用や運営指導料もその都度支払わなければなりません。

運営委託契約

タウンホテル24にホテルの運営を委託できる契約です。一般的に土地活用としてイメージするのはこの契約形態でしょう。ホテルの建物自体はオーナーが建設します。その後の運営はタウンホテル24が行ないます。

運営委託契約ならば、ホテル経営の経験がなくてもホテル投資ができます。運営委託は経営に時間をかけられない方にも向いています。デメリットは、運営委託費として一定料金を支払う必要がある点です。あくまでも土地と建物を貸す契約といえます。

最初に結ぶコンサルティング契約の期間は15年です。満期の際に更新するかどうかを選べます。運営委託契約は1年で、自動更新されます。

ホテル売買契約

土地の取得からホテルの運営までタウンホテル24が行ないます。土地の売買といえる契約です。タウンホテル24が土地オーナーと土地の売買契約を結びます。ホテルの建設を行うのはタウンホテル24で、ホテルの運営もタウンホテル24が行ないます。土地オーナーが関係するのは最初の売買だけです。

契約の条件

タウンホテル24には出店場所としていくつかの希望条件があります。都市は大都市と全国政令指定都市です。それぞれ都市内の繁華街を希望しています。大都市とは新宿や池袋、渋谷、六本木、上野などです。

ホテルを建てるのに目安となる土地は、30~100坪程度。コインパーキングとして使われている土地や閉店した飲食店の場所などを利用できます。部屋数は14~80部屋で、ホテルの規模によって変わります。

予約不要の時間貸や宿泊がホテルの運営スタイルです。それぞれの条件は希望条件なので、まずは直接問い合わせてみるのがいいでしょう。

施設メンテナンス・集客サポートの有無

フランチャイズ契約や運営委託契約の施設メンテナンスや集客サポートについて説明します。施設メンテナンスは契約内容によります。建物の所有者は土地のオーナーですので、オーナーが責任を持つと考えられるでしょう。

実際にフランチャイズ契約の場合、オーナーが修繕積立費用を毎月支払う必要があります。設計や施工管理はタウンホテル24が行なうことになっているので、実施するのはタウンホテル24かもしれません。

集客サポートは受けられます。チェーン全体としての宣伝広告をタウンホテル24が行ないます。ただし、どの程度自分のホテルを宣伝し集客してくれるかは確認したほうが安心です。

メンテナンスの内容・頻度

詳細については公開されていません。契約前に担当者に確認するようおすすめします。しかし、清潔さや印象のよさを大事にするホテル投資です。ホテルの価値を保つために必要なメンテナンスは定期的に行われると考えられます。

事業開始までの目安期間

直接問い合わせる必要があります。しかし、ホテルの建設やスタッフの研修などがあるため、具体的な回答は難しいでしょう。ホテルの建設には数千万円から数億円の費用がかかります。慎重に進めていくようおすすめします。

導入までの流れ

フランチャイズ契約の場合

  1. フランチャイズに加盟
  2. 土地所有者が建物を建設
  3. タウンホテル24が開業・運営指導
  4. ホテルオープン
  5. 土地所有者が運営

運営委託契約の場合

  1. コンサルティング契約
  2. 土地所有者が建物を建設
  3. タウンホテル24が運営受託
  4. ホテルオープン

利用者の口コミ

タウンホテル24の会社概要

会社名 株式会社タウンホテル
所在地 東京都千代田区神田須田町2-2-3 ITC神田須田町ビル7F
設立 2004年
所有免許 宅地建物取引業東京都知事(1)第85878号
事業内容 ホテル業・フランチャイズシステムによるホテルチェーンの運営・ホテル事業オペレーションのコンサルティング・不動産及び信託受益権販売業務・仲介業務
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ
今ある土地に最適な活用法は?条件から逆引きできる土地活用検索はコチラ